ファンケルグループの理念

ファンケルグループ創業理念

正義感を持って世の中の「不」を解消しよう

ファンケルグループ経営理念

「もっと何かできるはず」
「人間大好き企業」のファンケルグループは、
世の中の「不」の解消を目指し、
安心・安全・やさしさを追求します。
常にお客様の視点に立ち、
「お客様に喜んでいただくこと」をすべての基準とします。

不安・不便・不満・・・「不」のつく言葉を世の中からなくしたい。
これがファンケル創業時からの変わらぬ思いです。

1980年、それは化粧品による肌トラブルが社会問題になっていた時代。 「添加物をいっさい使わず、使う人の肌を美しくする本物の化粧品を届けたい」という想いから、 ファンケルの無添加化粧品は、誕生しました。 高価なイメージが定着していた栄養補助食品を「サプリメント」という言葉と共に世の中へ定着させ、 青汁・発芽米などの高付加価値商品を送りだしてきました。 ファンケルの事業は、“世の中の不安や不便などの「不」を解消したい”という想いに根ざしています。 化粧品、サプリメント、発芽米、青汁といった現状の事業は、日々の「不」を見極め続けるファンケルの歩みそのものです。 「お客様に喜んでいただくこと」を考え。現状を否定し、「もっと何かできるはず」という想いで常に挑戦し続けます。