CSR・環境・社会貢献

社長メッセージ

代表取締役 社長執行役員 宮島 和美

代表取締役 社長執行役員
COO
宮島 和美

2013年度、ファンケルは、3つの「ファンケルらしさ」を経営方針に掲げて、改革を推進しました。
3つの「ファンケルらしさ」とは、

(1)常にお客様視点に立った行動
(2)新しいことに果敢にチャレンジ
(3)社会への貢献

そして2013年4月、グローバルに展開する企業として、「国連グローバル・コンパクト」に署名し、グローバル・コンパクトが掲げる10原則とISO26000、環境報告ガイドラインを活動基準に、各組織が課題を洗い出し、目標を定め、PDCAサイクルで業務遂行しました。その成果として、環境活動では、「平成25年度地球温暖化防止活動環境大臣賞」の対策活動実践部門で賞をいただき、各シンクタンクが行うCSR調査でも、高い評価をいただきました。

持株会社制に移行した2014年度は、専門家集団として、ますます、ステークホルダーとの絆を深め、CSR活動を推進してまいります。「環境保全活動」では、原料・資材での生物多様性や3R活動、「人権」「労働」では、女性の活用およびワークライフバランスの強化、「社会とのコミュニティ」では、企業市民として、社会活動方針である「ハンディキャップを持つ方々および地域」との交流に引き続き力をいれてまいります。

すべての人々が快適に過ごせる豊かな社会へ、ファンケルは常に実直な経営のもと、高い透明性をもって、ステークホルダーの皆様に報告してまいります。

ファンケルレポート 2014 PDFダウンロード

ファンケルレポートでは、ファンケルグループの理念、事業活動、商品・サービスなどについてのご紹介と、事業活動におけるステークホルダーの皆様とのかかわりをご報告しています。


ファンケルレポート バックナンバー

ファンケルレポートのバックナンバーはこちらからご覧いただけます。