優しさのしずく

ファンケルを取り巻くひとたちとのふれあいの中で感じた、あたたかいエピソード、心の交流をご紹介します。

「がんばるお母さんへ」

2016年2月更新

昨今、働くお母さんは当たり前になってきました。ファンケルでも、仕事をしながら、育児に家事にと奮闘しているお母さんがたくさんいます。「産休に入ります」という挨拶メールも頻繁に届きます。二人目どころか三人目ですという従業員も時々みかけます。大きなお腹を抱えながら、お客様対応を行う店舗スタッフの光景も、もう珍しくなくなりました。そんなスタッフに対しての、お客様からのあたたかい視線は、がんばりにつながっています。

宮崎の店舗をご利用いただいているY様から、こんなエールをいただきました。

限定品のアイシャドウセットの実物が見てみたくて、店舗へ行きました。お腹が大きくて驚いてお聞きすると「今日が最後の日なんです」とのこと。明日から産休に入られるとのことでした。いつもステキなかわいい笑顔で接していただき、こちらまで気分が上向きになり“これ使ってみようかなぁ”と思わせて下さいます。この日にお会いできてラッキーでした。お二人目の出産を間近に控え、身体も立ち仕事できついこともあると思いますが、彼女達のような、家庭でも仕事でもがんばる方々にこちらも力をもらいます。産休、育休がきちんととれる会社もステキだと思います。育休明けにまたあのかわいい方とお会いできますようにと願いながら、本日アイシャドウを購入しました。

まるで、母親のような優しいまなざしに、私たち従業員一同とても癒されます。嬉しいお言葉をありがとうございます。店舗スタッフも育休明けに、またお会いできることを楽しみにしております。

誰かがどこかで、その人のことを思ってくれている……がんばるお母さんを、みんな応援しています。
「いらっしゃいませ」の向こう側に、たくさんの笑顔が見えます。