CSRトピックス

2017年11月度のCSR活動について

人権

「かながわ女性の活躍応援団」全体会議で1年間の成果と多様な働き方事例を発表

神奈川県は、女性の活躍において、男性リーダーの意識改革を働きかけ、社会的なムーブメントの拡大を図る「かながわ女性の活躍応援団」を、2015年11月に、黒岩県知事と企業のトップ10名で結成しました。11月7日に行われた、3回目となる全体会合は、代表取締役 社長執行役員の島田和幸も団員として参加しました。

11月7日に行われた、初の「拡大意見交換会」は、@多様な働き方改革A女性のキャリアアップなどの人材育成B社会的ムーブメント拡大の3つのテーマで具体的な取り組み事例を、お互いに報告しました。
島田は、多様な働き方改革として、在宅勤務の本格展開、サテライトオフィス勤務のテスト導入、フレックス勤務適用部署の拡大、さらにはコアタイムなしのスーパーフレックス勤務の導入準備を進めていることを発表し、制度面のみならず所定外労働時間の管理強化を目的とした管理職研修・部署長への長時間労働者是正報告の提出を義務化し、運用面での改革も同時に行っている事例を発表しました。
今後も健康経営宣言に基づき、全従業員が美しく健やかにいきいきと働く環境づくりを、強く推し進めてまいります。

黒岩知事と13名の参加者

島田による事例報告

ファンケルは、女性の管理職比率が4割以上と、非常に高い企業ですが、2018年度の50%を目指し、様々な取り組みをしています。

柔軟な働き方を目指し、在宅勤務のテスト実施や、男性も育児に参加しやすい環境を推進するため「配偶者出産支援休暇」の取得率向上を目指しています。
今後は短時間勤務の従業員を支える他の従業員をサポートするしくみも検討するなど、ファンケルはこれからもワークライフバランスを大切に、働きやすい環境づくりに取り組んでまいります。

●ファンケルの女性の管理職比率の推移、ダイバーシティの推進は、こちらをご覧ください。

●ファンケルのワークライフバランス推進、様々な休暇制度などの取組みは、こちらをご覧ください。


環境

「横浜市食の3Rきら星活動賞」を受賞(2017年11月8日)

2017年度、横浜市では食品ロスの削減などに熱心に取り組み、他の模範となる事業所を表彰する新たな制度として「横浜市食の3Rきら星活動賞」が創設されました。
今回、ファンケルは社員食堂の食券販売数に合わせ利用者数を正確に把握し、仕込みをすることで、食べ残しの発生を防いでいることが評価され、「発生抑制部門」で受賞しました。表彰式では、横浜市副市長の平原敏英さんより、取締役副会長の宮島知美へ表彰状が贈られました。
また、「発芽米」の糠や屑米、「青汁」の原料となるケールの搾りかすを飼料としてリサイクルするなど、日頃から行っている私たちの取り組みも併せて紹介されました。

環境の担当者は「第1回の受賞ということで大変光栄なことと感じています。これからも地元企業として責任のある行動や取り組みを続けてまいります」と、これからの抱負を語っています。

「横浜市食の3Rきら星活動賞」の詳細はこちら

左から、横浜市副市長の平原敏英さん、
ファンケル副会長の宮島


コミュニティ参画

「ファンケル キッズベースボール」南米ペルーでの野球教室に協力

ファンケルでは、プロ野球OBによる子供向け野球教室「ファンケル キッズベースボール」を2010年から開催しています。
この野球教室では野球指導だけでなく、使わなくなった用具を回収し、国際協力機構(JICA)などの協力のもと用具不足に悩む国へ寄贈もしています。
ファンケルのスローガンは「キッズの笑顔が世界の元気」。野球を通して世界中の子供たちに笑顔を届ける活動です。
11月18日〜23日には、ファンケル キッズベースボールの総監督である原 辰徳さんと、講師の宮本 和知さん(ジャイアンツOB)、駒田 徳広さん(ジャイアンツOB)、西山 秀二さん(カープOB)、久保 文雄さん(ベイスターズOB)が南米のペルー共和国の首都リマ市の子供たちへ用具を届け、野球教室を開催しました。(主催はJICA、ファンケル キッズベースボールが協力で開催)ファンケルの従業員もペルーを訪れ、野球教室の運営に携わりました。
1899年、ペルーは南米で日本人が初めて移民をした国で、現在10万人の日系人がおり、野球は日本人の心を伝えるスポーツとして愛されています。
開会式には、在ペルー日本国大使 特命全権大使やペルー体育庁長官も参列され、見学に集まった多くの人々から熱烈な歓迎を受けました。
原さんは「教えてもらってわかった時には『はい』と言いましょう。」と子供たちに話し、野球技術だけではなく、礼儀や挨拶、思いやりの心をしっかりと伝えました。
原さんと講師はリマ日本人学校で子供たちとボール遊びを行い、日系人協会なども訪問するなど熱心に活動され、ペルーの人々に元気と笑顔を届けました。

原さんと講師の登場に盛大なお出迎え

国内の野球教室参加者から集めた用具を
ペルーの子供たちへ寄贈

元気なペルーの子供たち

走塁練習

送球練習

原さんのグータッチに子供たちも大喜び

リマ日本人学校でのボール遊び

リマの日本人学校の子供たち

※一部写真は報知新聞社提供

●ファンケル キッズベースボール 2017年 活動実績

開催日

開催場所(会場)

来場者数

回収用具数

5月27日(土)

東広島運動公園野球場(東広島アクアスタジアム)
(広島県 東広島市)

554名
・参加者: 343名
・見学者: 211名

727点

7月1日(土)

柴田町総合運動場 柴田球場
(宮城県 柴田郡)

714名
・参加者: 472名
・見学者: 242名

475点

7月2日(日)

亘理町吉田体育館
(宮城県 亘理郡)

ご家族:56組148名

回収なし

7月8日(土)

千代台公園野球場(オーシャンスタジアム)
(北海道 函館市)

740名
・参加者: 500名
・見学者: 240名

310点

9月23日(土)

殿田公園野球場
(京都府 京都市)

588名
・参加者: 464名
・見学者: 124名

724点

★「ファンケル キッズベースボール」公式サイトはこちらをご覧ください


労働慣行

従業員向け「仕事と介護の両立セミナー」を開催

11月22日、東京海上日動ベターライフサービス株式会社より、現役のケアマネージャーでもある泉洋枝さんを講師に迎え、「仕事と介護の両立セミナー」を開催しました。
誰にでも起こり得る家族の介護というライフイベントにおいて、介護が現実化しても事前の知識を持つことで慌てず対処でき、働き盛りの年齢で介護による離職に陥らないようにするための、仕事と介護の両立支援のセミナーです。
昼食時間を利用したランチセミナーは、40名の従業員が参加しました。
「仕事と介護の両立のためのポイント」、「公的介護保険制度の賢い利用」、「介護に要する費用」などの講義のほか、二人一組で立ち上がりの介護技術体験も行い、介助の実践を学ぶことができました。
参加した従業員からは、「具体例が多くわかりやすかった」、「事前の知識を得ることで心構えができる」、「介護の暗いイメージがあったが不安が少しなくなった」などの感想が寄せられました。

幅広い層の従業員が参加しました

力のいらない立ち上げ方を実習


コミュニティ参画

長溝 祐也さん(ファンケル スマイル)「第17回全国障がい者スポーツ大会」ボウリングで4位入賞

10月28〜30日、皇太子さまを迎え開会式が行われた「第17回全国障がい者スポーツ大会 愛顔つなぐ愛媛大会」のボウリングに株式会社ファンケルスマイル(*)の長溝 祐也さん(2013年4月入社)が出場し、4位に入賞しました。
長溝さんのお父さんによると、長溝さんとボウリングの出会いは、祖母と一緒に行ったボウリングで、興味を持ったので続けて通ったところ、ボウリング場の方から「(障がい者の)大人のチームに、祐也君を出してみませんか。彼なら落ち着いているから大丈夫。」と、お話をいただいたことがきっかけだそう。現在もそのチームに所属していて、皆さんと一緒に練習や大会などで活動しています。
気持ちはすでに次の大会に向いている長溝さん。今から来年に向け、練習に励んでいます。

*・・・株式会社ファンケルスマイル・・・株式会社ファンケルの特例子会社、平成11年2月に設立。

松山空港へ到着。大会の旗を前に気合いが入ります

来年のメダルを目標にこれからも練習に励みます


コミュニティ参画

「ファンケルセミナー」11月度の活動報告を更新しました

ファンケルでは社会貢献活動の一貫として、美と健康に関するセミナーやサービスを、60歳以上の高齢者が集まる福祉施設や特別支援学校などで無料にて実施しています。

11月度は、身だしなみセミナー7件 メイクセミナー2件 視覚障がい者むけメイクセミナー2件 計11件 を下記の表の通り実施いたしました。

視覚障がい者むけメイクセミナー

11月8日 東京ヘレン・ケラー協会 メイク女子会


11月度の活動一覧

2017年

開催場所(県市)

内容

お客様参加人数

従業員
ボランティア

11月2日
午後

東陽福祉会館
(東京都江東区)

メイクセミナー

施設利用者20名(女性20名)

2名

11月6日
午後

NPO法人
江戸川区視覚障害者福祉協会
(東京都江戸川区)

視覚障がい者むけ
メイクセミナー

施設利用者10名(女性10名)

2名

11月8日
午前

東京ヘレン・ケラー協会
メイク女子会
(東京都新宿区)

視覚障がい者むけ
メイクセミナー

施設利用者10名(女性10名)

5名

11月14日
午後

北海道障害者福祉サービス
(北海道札幌市)

身だしなみセミナー

施設利用者14名(男性8名・女性6名)

2名

11月15日
午前

北海道札幌視覚支援学校
(北海道札幌市)

身だしなみセミナー

高等部3年 9名(男性3名・女性6名)

2名

11月17日
午後

東京都立光明学園
(東京都世田谷区)

身だしなみセミナー

高等部2年 16名(男性8名・女性8名)

2名

11月21日
午後

社会福祉法人
翔の会 ブルーベリー
(神奈川県茅ヶ崎市)

メイクセミナー

施設利用者 17名(女性17名)

2名

11月22日
午前・午後

神奈川県立岩戸養護学校
(神奈川県横須賀市)

身だしなみセミナー

高等部3年 49名(男性28名・女性23名)

2名

11月28日
午後

神奈川県立鎌倉養護学校
(神奈川県鎌倉市)

身だしなみセミナー

高等部3年 25名(男性15名・女性10名)

2名

11月29日
午後

千葉県立君津特別支援学校
(千葉県君津市)

身だしなみセミナー

高等部3年 33名(男性19名・女性14名)

2名

  • ・各種セミナーは、弊社の従業員が、業務の一環として月曜日〜金曜日(祝日を除く)の10時〜16時の間、2時間の枠で実施しております。
  • ・最少遂行人数は、原則15名様から承っております(視覚障がい者むけメイクセミナーは除く)。
  • ※ご好評により、2018年3月末までのセミナーは、依頼受付を終了しております。
    2018年4月以降のセミナーは2ヶ月前より受付致します。

ファンケルセミナー2016年度実績はこちら

ファンケルセミナー2015年度実績はこちら

ファンケルセミナー2014年度実績はこちら

ファンケルセミナー2013年度実績はこちら

ファンケルセミナー2012年度実績はこちら

ファンケルセミナー2011年度実績はこちら

ファンケルセミナー2010年度実績はこちら