CSRトピックス

2018年3月度のCSR活動について

環境 人権

内閣府「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言賛同者ミーティングに、代表取締役 社長執行役員 島田 和幸が参加

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」賛同者の集合写真

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」賛同者の集合写真

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」は、2014年6月27日に、9名の企業・組織等の男性トップリーダーが『女性の活躍を推進するためには、男性のトップリーダーが、自ら男性のトップリーダーたちに意識改革を働きかけ、社会的なムーブメントの拡大を図ることが必要』と「行動宣言」を策定・公表したことが始まりです。

2018年2月末時点で、163の企業や大学、行政等のトップが「行動宣言」に賛同し(前年より20団体増)、ファンケルも「平成27年度女性が輝く先進企業」を受賞の翌年(2016年)より「行動宣言」に賛同。年1回開催される「賛同者ミーティング」に代表取締役が参加しています。

2018年の「賛同者ミーティング」は、3月5日に野田聖子 内閣府特命担当大臣(男女共同参画)のご隣席で開催され、代表取締役 社長執行役員の島田和幸が、38名の企業・組織等のトップと共に参加いたしました。

「賛同者ミーティング」は、カルビー椛纒\取締役会長 兼 CEO松本晃氏の基調講演から始まり、賛同者が、4つのテーマ(@女性の役員・管理職の育成と登用 A男性の働き方・暮らし方の変革 B地域連携・他社連携 C無意識の偏見(アンコンシャス・バイヤス)への対応)に分かれて、取り組み内容を発表し、相互に情報交換。最後に、各自がスローガンメッセージを掲げ、ミーティングは大いに盛り上がりを見せました。

4つのテーマに分かれての分科会の様子

4つのテーマに分かれての分科会の様子

ファンケル島田社長の「気合の一言」

ファンケル島田社長の「気合の一言」

「気合の一言」を掲げる経営トップの賛同者

「気合の一言」を掲げる経営トップの賛同者

ファンケルの取組み事例はこちら(568KB)

内閣府男女共同参画局「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言に関しては、こちらをご覧ください。

ファンケルの女性の活躍に関する評価・表彰はこちらをご覧ください

ファンケルの人権の取組みは、こちらをご覧ください


公正な事業慣行

「お取引先様との共存共栄を目指して」研修を実施しました

購買研修の様子

購買研修の様子

適正で円滑な取引を推進するため、日頃よりお取引先様との接点が多い従業員を対象に、購買研修を実施しました。講師は、当社の購買担当者が務めました。
研修では、「購買業務フロー(見積書や発注書の重要性)」「お取引先様との円滑な仕事の進め方」「下請法、独占禁止法」をテーマに、お取引先様から寄せられたお声の紹介や、グループディスカッションを行い、参加者には、お取引先様との適切な仕事の進め方を、今一度見つめ直す良い機会となりました。
ファンケル従業員は、仕事に対する思いや情熱を、お取引先様に誠意をもって伝え「お取引先様との共存共栄」を念頭に、適切な購買行為を常に心掛けてまいります。


人権

ファンケルスマイル 第19回 全国アダプテッドエアロビック大会を開催しました

ファンケルスマイルのパフォーマンス

ファンケルスマイルのパフォーマンス

参加者全員で集合写真

参加者全員で集合写真

特例子会社 潟tァンケルスマイルが冠スポンサーを務める「ファンケルスマイル 全国アダプテッドエアロビック大会」は、エアロビックを通じ、障がいのある方やない方、そして性別・世代も超えた方が交流し、多様性を認め合う社会の実現を目指しています。
2018年は、3月18日に横浜ラポールで開催し、全国より、選手・応援者合せて、1,056名の方が参加しました。
潟tァンケルスマイルの有志も参加し、日頃の練習の成果を発揮することができました。
来場者対象の「みんなでエアロビック」では、日頃ファンケルの社会貢献活動を応援してくれている、青いうさぎの「マルタ」が登場し、子供たちは大喜びで一緒に踊りました。
会場では、ファンケルのドリンク試飲やファンケルグループ従業員による「ハンドエステサービス」を提供し、来場者の心身の健康をサポートする機会となりました。2019年は、第20回目の節目の大会となります。
さらなる発展ができるよう、ファンケルグループはこれからも大会を応援していきます。

ファンケルスマイル 第19回 全国アダプテッドエアロビック大会の関連情報は、こちらをご覧ください

特例子会社(株)ファンケルスマイルのホームページは、こちらをご覧ください。

青いうさぎの「マルタ」のホームページは、こちらをご覧ください。


環境 人権

帝京平成大学の企業訪問で「CSRセミナー」を実施、資料室,特例子会社の見学などを行いました

講義をするCSR推進室社員

講義をするCSR推進室従業員

講義の様子

講義の様子

平成帝京大学 中野キャンパス 現代ライフ学科 経営マネージメント学科の小方信幸教授率いる12名の学生が、企業のCSRを学ぶため、ファンケル本社および飯島社屋を来社しました。小方教授と学生の訪問は、昨年に続き2回目です。
午前中は、ファンケル本社で、CSR推進室が、環境活動を中心としたCSRの講義を行い、ファンケル無添加化粧品の歴史や、環境に配慮した製品を紹介しました。午後は、飯島社屋(旧本社ビル)に移動し、「資料室」と特例子会社潟tァンケルスマイルを見学しました。「資料室」では学生がメモを取りながら「創業理念の大切さ」を真剣に学ぶ姿勢が印象的でした。見学後は、飯島社屋内にあるファンケルの店舗で、午前中に説明した製品を購入される学生もいました。
引き続きファンケルは、学生の企業訪問を通して、環境保全の重要性や企業姿勢を積極的に発信してまいります

ファンケルのCSR・環境・社会貢献関連情報は、こちらをご覧ください

特例子会社(株)ファンケルスマイルのホームページは、こちらをご覧ください。


コミュニティ参画

「ファンケルセミナー」3月度の活動報告を更新しました

ファンケルでは社会貢献活動の一貫として、美と健康に関するセミナーを、60歳以上の高齢者が集まる福祉施設や特別支援学校などで無料にて実施しています。

3月度は、身だしなみセミナー11件、メイクセミナー2件、ハンドマッサージ3件合計16件を下記の表の通り実施いたしました。

身だしなみセミナー

3月度の活動一覧

2018年

開催場所(所在地)

内容

お客様参加人数

従業員
ボランティア

3月1日
午前

川崎市立田島支援学校
(神奈川県川崎市)

身だしなみセミナー

高等部3年40名

2名

3月5日
午後

千葉県立市原特別支援学校
(千葉県市原市)

身だしなみセミナー

高等部3年28名

2名

3月6日
午後

東京都立しいの木特別支援学校
(千葉県市原市)

身だしなみセミナー

高等部3年6名

2名

3月7日
午後

神奈川県立保土ケ谷養護学校
舞岡分教室(神奈川県横浜市)

身だしなみセミナー

高等部3年14名

2名

3月9日
午後

千葉県立千葉聾学校
(千葉県千葉市)

身だしなみセミナー

高等部3年8名

2名

3月12日
午前・午後

東京都立町田の丘学園
(東京都町田市)

身だしなみセミナー

高等部3年50名

6名

3月13日
午後

千葉県立野田特別支援学校
(千葉県野田市)

身だしなみセミナー

高等部3年20名

2名

3月15日
午後

東京都立水元小合学園
(東京都葛飾区)

身だしなみセミナー

高等部3年70名

2名

3月16日
午後

東京都立小平特別支援学校
(東京都小平市)

身だしなみセミナー

高等部3年23名

2名

3月18日
午後

アダプテッドエアロビック大会
(神奈川県横浜市)

ハンドエステ

53名

3名

3月20日
午後

東京ヘレン・ケラー協会
点字図書館(東京都新宿区)

視覚障がい者向けメイクセミナー

職員

2名

3月22日
午後

ふぁみりーさぽーと泉
(神奈川県横浜市)

ハンドエステ

施設利用者9名

1名

3月27日
午後

ふぁみりーさぽーと泉
(神奈川県横浜市)

ハンドエステ

施設利用者7名

1名

3月28日
午前

塩浜福祉会館
(東京都江東区)

ネイルセミナー

施設利用者15名

2名

3月30日
午後

ファンケルスマイル
(神奈川県横浜市)

身だしなみセミナー

従業員40名

2名

ファンケルセミナー2016年度実績はこちら

ファンケルセミナー2015年度実績はこちら

ファンケルセミナー2014年度実績はこちら

ファンケルセミナー2013年度実績はこちら

ファンケルセミナー2012年度実績はこちら

ファンケルセミナー2011年度実績はこちら

ファンケルセミナー2010年度実績はこちら


コミュニティ参画

従業員の寄付活動「もっと何かできるはず基金」の3月度の寄付報告

もっと何かできるはず基金のシンボルマーク

従業員有志による寄付活動「もっと何かできるはず基金」は、下記の表に記載の団体に寄付をすることを取り決め、3月20日に寄付を致しました。

 

団体名

事業内容

寄付金の使途

1

重症児デイサービスmini

福祉・子どもの健全育成

子ども用酸素モニター

2

ぐるーぷ・ちえのわ

福祉・障がい者支援

スロープ改修工事

3

セカンドハーベスト・ジャパン

児童・母子・貧困者支援

食料の送料や、施設へ配送するための物流費用

4

神奈川県エアロビック連盟

高齢者・障がい者支援

大会パンフレット印刷費

5

認定NPO法人フローレンス

障がい者支援・こどもの健全育成

新設される保育園の備品やおもちゃ

6

特定非営利活動法人モンキーマジック

福祉・障がい者支援

視覚障害者や交流型クライミングスクール企画運営

7

認定NPO法人 沖縄 珠美の里

被災者支援

滞在中の食事代

ファンケルグループの社会貢献活動「もっと何かできるはず基金」は、給与天引き型の従業員の寄付活動です。参加している従業員からの「寄付申請」により、寄付先候補が決まり、従業員の代表である11名の「運営委員」により審査を行い、寄付をする団体が決定致します。
「もっと何かできるはず基金」は、ファンケルグループの従業員が勤務先・雇用形態等にかかわらず参加できる「社会貢献活動」として、今後も活動してまいります。