消費者課題

研究・生産

研究

研究開発のビジョンはこちら

FSS

ファンケル独自の無添加品質の厳しい基準です。
FSSについてはこちら

FSQ

健康食品を毎日安心してお摂りいただくためのファンケルの安心品質です。
FSQについてはこちら

生産

製造管理についてはこちら

化粧品原料部会・食品管理部会

品質保証活動におけるマネージメント体制を確立、品質・安全性のチェックを行うため、「化粧品原料管理部会」・「食品原料管理部会」を設置しています。
また、社長を委員長とする「薬事委員会」は、法令にもとづいた品質の方針を決定し、傘下の「GQP*1・GMP*2部会」、「GVP*3部会」、「表示広告部会」において、それぞれの適正化について審議を行い、統括管理しています。


GMP点検

ファンケルでは、グループ会社の製造環境だけでなく、製造を委託している企業の製造・品質管理にも気を配っています。製造委託企業がGMPの基準に基づき製造を行っているかを定期的に点検しています。

*GMPとは、米国FDA(食品医薬品局)が設けた、化粧品・医薬品・食品などの製造管理及び品質管理を遵守するための製造規範


原料調達

ファンケルでは、原料の調達段階から厳しい基準を設けて、安心・安全な製品づくりを行っております。

化粧品の基準はこちら
サプリメントの基準はこちら
発芽米の基準はこちら
青汁の基準はこちら
調達関連情報はこちら


機械化

生産効率向上のため、人による集積作業を機械化しました。
それにより、人の集積能力に合わせることで制約条件となっていた生産速度を上げることが可能となりました。(生産速度16%アップ)


放射能検査の実施

安心・安全を迅速に確保するため、2011年3月の震災直後より放射性物質の分析を開始し、現在も定期的に、厚生労働省が定めた基準よりも厳しい自社の基準(乳幼児用食品と同基準)で分析を行っています。


製品クレームの対応

製品に対するお問合せが入った場合、以下のフローに従い調査を行いお客様に回答しております。


国際的な安全基準をもつ長野工場

潟tァンケル発芽玄米長野工場は2015年11月に国際的な食品安全規格基準「FSSC22000」の認証を取得いたしました。発芽米を安全に生産する衛生的な工場環境は、製品をご愛用いただく多くのお客様、お取引先様からも高い評価をいただいております。