ファンケルポイントは寄付ができます

お持ちのファンケルポイントは、2つの寄付先を選択して寄付いただくことができます。1つは日本赤十字社等を通じて「熊本地震」へ、もう1つは公益社団法人日本フィランソロピー協会を通じて「東日本大震災」・「全国の障がい者施設」へ寄付いただけます。
お申し出いただいたポイント寄付はファンケルが責任を持って、1ポイントを1円換算します。寄付の結果や寄付先の活動状況は、ホームページや情報誌(エスポワール、元気生活)などで順次ご報告させていただきます。
皆様もファンケルとともに、やさしさを広げてみませんか?

「熊本地震」「東日本大震災」・「全国の障がい者施設」へのポイント寄付ができます

2011年4月〜2013年3月末までのポイントは、「東日本大震災」被災地へ、2013年4月〜2017年3月末までのポイント寄付は、引き続き、公益社団法人日本フィランソロピー協会を通じて「東日本大震災」の震災孤児支援機関と全国の重度の心身障がい者施設へ寄付させていただきます。
「2016年熊本地震」へのポイント寄付も承っております。

「東日本大震災」・「全国の障がい者施設」への寄付までの流れ

※2013年4月〜2017年3月末までのポイントは、公益社団法人日本フィランソロピー協会を通じて「東日本大震災」の震災孤児支援機関と全国の重度の心身障がい者施設へ同額ずつ寄付させていただきます。年に一度3月までに寄付をいただいたポイント分を受け渡します。


公益社団法人日本フィランソロピー協会について

公益社団法人日本フィランソロピー協会は、企業および個人の社会貢献・社会参加を推進し、一人ひとりの社会参加のきっかけづくりや情報提供、NPO・行政・企業の交流の橋渡しを行なっています。
公益社団法人日本フィランソロピー協会には、これまでのファンケルの社会貢献活動に理解をいただき、重度障がい者の社会生活の支援を行なう全国の施設から寄付先の推薦、そして皆様からの寄付ポイントを公平に受け渡していただくお約束をしていただいております。
「公益社団法人日本フィランソロピー協会」のホームページはこちらをご覧ください。

第12回 企業フィランソロピー大賞「ソーシャル・インクルージョン賞」を受賞いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

ご注意

  • ※ファンケルポイントのインターネットからの寄付は、ファンケルオンラインの会員登録が必要となります。
    会員登録はこちら
  • ※寄付のお申し出は500ポイント以上、100ポイント単位とさせていただきます。
  • ※寄付ポイント数に、お持ちのポイントが満たない場合は、お持ちの全ポイントを寄付として申し受けます。
  • ※寄付受付後の変更、取り消しはいたしかねます。
  • ※お申し出いただいたポイントの減算は、受付後2〜5日以内に行います。
    会員ページ内のポイント情報にはその後反映となります。
  • ※寄付受付のご連絡は控えさせていただきます。また協会および当社からの領収書の発行はいたしかねます。

以上、予めご了承くださいますようお願いいたします。

ファンケルからのお知らせ

2014年度の寄付金・寄付先について

2014年度分のお客様からの「寄付ポイント」を、東日本大震災の震災孤児支援機関と
全国の重度の心身障がい者施設へ寄付いたしました。

お客様がお持ちの「ポイント」を寄付することができる仕組みは、お客様のやさしさと福祉を必要とする人々を結ぶ新しい支援の形として2008年5月からスタート。お客様のご意思により、お持ちのポイントの中から1ポイント1円としてお預かりし、公正な判断ができるよう、NPO・行政・企業の社会活動の橋渡しと連携をすすめる、公益社団法人日本フィランソロピー協会を通じて寄付を行うことができます。創業から変わらない「人を喜ばせたい」という想いや、地域・福祉との交流で育んだ考えから生まれた「人々が美しく健やかに過ごせる明日のために“もっと何かできるはず”」というファンケルグループの活動方針に基づき、2014年度分のポイントは、東日本大震災の震災孤児支援機関と全国の重度の心身障がい者施設への寄付に変更させていただいています。2014年4月〜2015年3月の寄付金につきまして、ここにご報告させていただきます。皆様からのあたたかいご協力に、心より感謝いたします。

2015年4月15日(水)に寄付金の目録を公益社団法人日本フィランソロピー協会理事長・高橋陽子様(写真右)へ、(株)ファンケル代表取締役社長執行役員・宮島和美(写真左)からお渡しいたしました。

2014年4月〜2015年3月分寄付金額


受付期間

参加者数

金額

寄付先

2014年4月〜
2015年3月

1,361人

2,594,006円(※)

公益社団法人日本フィランソロピー協会

  • ※お客様からのご寄付に合わせ、ファンケルグループ従業員で構成する「もっと何かできるはず基金」からも1,000,000円寄付いたしました。

公益社団法人日本フィランソロピー協会を通して、東日本大震災の震災孤児支援機関みちのく未来基金と、下記に所在する全国の重度の心身障がい者施設へ寄付いたしました。

 

団体名

所在地

活動の特徴

1

社会福祉法人
侑愛会

北海道北斗市

昭和28年、知的障がい児も入ることができる保育園を創ったことを皮切りに、北海道の渡島半島の南端にある当別地域に、知的障害児・者のための入所施設や養護学校を開設してきた。乳幼児から、高齢の方々まで各ライフステージに応じて整備された「施設群」は、「おしまコロニー」と呼ばれている。

2

社会福祉法人
花輪ふくし会

秋田県鹿角市

昭和30年代、秋田市にしか精神薄弱児収容施設が無かった秋田県において、岩手県との県境に近い鹿角地域に県内で2つ目となる重度知的障害児の施設「東山学園」を設立。その後、社会福祉法人として、老人ホームや身体障害者施設を開設して地域の老人福祉・障がい者福祉を担うと同時に、比内地鶏を飼育して製品に加工する授産事業も立ち上げて、障がい者の経済的自立もサポートしている。

3

特定非営利活動法人
くるみ

富山県高岡市

社会福祉士である理事長の岡本氏は、25年に亘り障がい者施設や事業所で障がい者支援を行なってきた。その中で保護者からの強い要望を受けて、2013年、障がい児の放課後・休日デイサービスを行なうNPOを設立し、地域の中での受入れ体制を整備している。最近は発達障がいの子どもも受け入れている。利用者の中には、重症心身障がい児もいる。

4

<認定>特定非営利活動法人
フローレンス

東京都千代田区

2004年に特定非営利活動法人内閣府認証取得をしてスタートし2012年に認定NPO法人の取得し、活動してきた。事業としては病児保育事業、働き方革命事業、伝える変える事業、おうち保育事業、コミュニティ創出事業、被災地支援事業の6つを掲げ活動している。

5

社会福祉法人
訪問の家
(生活介護事業所 朋)

神奈川県横浜市

「朋」は、1986年に開所した15歳以上の重度重複障がい者が通う生活介護の事業所。利用者の個性や能力を生かし、人との出会いを広げながら、社会人として地域の中で暮らしていくことを目指している。

6

社会福祉法人
のぞみの郷高社

長野県中野市

昭和55年に設立した旧・ながみね学園からスタートして以来、長野県の北信広域6市町村に暮らす障がい者が、家族と同じ地域で生活できるように様々な事業所を開設して支援を行なっている。

7

社会福祉法人
永甲会

三重県四日市市

四日市市で、託児所から高齢者・障がい者施設まで、地域福祉をトータルサポートしている法人。事業所の中のひとつである「エビノ園」では、重度障がい者を含む77名が暮らしている。

8

特定非営利活動法人
Piano Piano

広島県三原市

障がい者及び高齢者を対象に、地域の中で自立した生活を営んでいくために必要な支援を行なうために2002年に設立。現在は、通所、生活介護、居宅介護、相談支援等の様々な事業を運営している。また、重度心身障がい者が自立生活を体験できる訓練施設としてのアパート経営や、福祉輸送サービスも行なっている。現在の定員は20名で、利用者の5〜6割が重度で、5人が人工呼吸器を装着している。

9

社会福祉法人
仁栄会 ねむのき

徳島県板野郡

徳島県で2ヵ所しかない重度心身障がい児のための施設を持つ法人。気管切開をしている子どもや、脳性まひの子どもなど、重度の障がい児も受け入れている。

10

一般社団法人
ライフサポートかごしま

鹿児島県鹿児島市

子どもに障がいがあっても仕事を持ちたいという親が増えているため、特別支援学校の放課後に児童を預かる施設が求められていた。そんな保護者からの要望に応えて2014年11月に設立された。未就学児から高校生までの障がい児の預かり支援を行なっている。中には、重度心身障がい児も利用している。

  • ※神奈川県横浜市にある重度・重複障がい者施設 社会福祉法人「訪問の家」とは、20年以上にわたる交流を続けており、2013年度も寄付をしております。

寄付先から、下記の通り使用報告を頂いております。

【寄付先】
認定NPO法人フローレンス 障害児保育園ヘレン(所在地:東京都杉並区)
【活動内容】
「障がいの有無にかかわらず、すべての子どもたちが保育を受けられ、保護者が子育てと仕事を両立できる社会」を目指して活動しています。

購入したクッションチェアを持つ
障害児保育事業部 森下マネジャー

クッションチェアでリラックスする子どもたちと保育スタッフ

購入したクッションチェア

【施設からのメッセージ】
東京都杉並区で、障がい児をお預かりする保育園を運営しています。この度のご寄付で、クッションチェアと木製座位保持椅子を購入できました。重度の障がいのある子どもは、座位を取ることが難しく、横になることが多いです。導入により、子どもたちは、遊具遊びなど、座って活動に参加することができています。本当にありがとうございました。


ファンケルポイント寄付状況

受付期間

参加者数

金額

2008年度(2008年5月〜2009年3月)

1,364人

2,116,779円

2009年度(2009年4月〜2010年3月)

1,265人

2,258,170円

2010年度(2010年4月〜2011年3月)

2,899人

4,596,838円

2011年度(2011年4月〜2012年4月)

8,789人

14,743,881円(※)

2012年度(2012年4月〜2013年4月)

2,384人

4,301,784円(※)

2013年度(2013年4月〜2014年3月)

1,642人

2,979,092円

2014年度(2014年4月〜2015年3月)

1,361人

2,594,006円

(※)公益社団法人日本フィランソロピー協会と、日本赤十字社へ50%ずつ寄付をしています。



ファンケルでは、2015年度も継続して、「東日本大震災」の震災孤児支援機関と全国の重度の心身障がい者施設への寄付を行います。
お客様のご協力をよろしくお願いいたします。

2015年度寄付金額

2015年度
受付期間

参加者数

金額

2015年4月

103人

174,585円

2015年5月

99人

203,970円

2015年6月

102人

128,866円

2015年7月

90人

121,663円

2015年8月

96人

134,823円

2015年9月

93人

125,140円

2015年10月

96人

170,982円

2015年11月

211人

414,067円

2015年12月

344人

647,235円

2016年1月

417人

730,960円

2016年2月

522人

915,181円

2016年3月

142人

310,750円

累計

2,315人

4,078,222円