ファンケルは、
国連グローバル・
コンパクトに参加しています

署名する宮島 和美 代表取締役 社長執行役員*
(*現 取締役 副会長執行役員)

ファンケルは、世の中の「不」のつく事柄の解消を目指し、常に実直な経営のもと、高い透明性をもってさまざまな事業活動をしています。

2016年度に行った「人権」活動では、女性が活躍できる職場環境の整備及び、外部への働きかけを積極的に行った結果、女性の職業生活における活躍推進に関する取り組みの実施状況が評価され、厚生労働省より「えるぼし2」の認定を受けました。
また、「労働慣行」では、ワークライフバランスの推進に加え、健康事業企業として地域の健康課題に即した取り組みなどが評価され、特に優良な健康経営を実践している法人を認定する制度「健康経営優良法人(ホワイト500)」の認定を受けました。

2017年度は、職場環境の更なる向上や地域コミュニティの参画などに積極的に取り組み、環境活動では、資源循環(リサイクル)、CO2や廃棄物の削減等、環境への取り組みを強化すると共に、国連が新たに提唱している17個の持続可能な開発目標(SDGs)を考慮し、取引先をまきこんだCSR調達の方針策定など、常に「もっと何かできるはず」を念頭に活動してまいります。

持続可能な開発のためのグローバル目標 SDGs

国連グローバル・コンパクトに対応した2016年度の主な取り組み

分野 内容
人権 1 ■新入社員に人権研修実施
・日時:2016年5月10日
・テーマ:新入社員研修
・内容:国連グローバル・コンパクト概要説明及び企業のクライシス案件をテーマにグループワーク
・講師:グローバル・コンパクト・ジャパン 事務局長 大田 圭介氏
・対象:新入社員 25名
詳しくはこちら
グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン事務局HPは、こちら
2 ■フェアトレードフーズ商品の売り上げを寄付
商品:塩3種 うまみ塩(インドネシア)、あまみ塩(ラオス)、さんみ塩(セネガル)
2016年度の売上の5%を寄付。同製品の原料を調達している各国を支援する団体を通し、児童支援活動をすることで、お客様への企業姿勢への理解を推進します。
【寄付団体と寄付金額】
@般社団法人あいあいネット:¥28,604
ANPO法人ラオスのこども:¥34,436
Bバオバブの会:¥32,245
寄付金額合計¥95,285
労働 1 ■経済産業省「健康経営優良法人2017」に認定
弊社は、2月27日(月)に、経済産業省の「健康経営優良法人」の認定法人に選ばれました。
この制度は、地域の健康課題に即した取り組みなどをもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。今回が初の発表で、当社は大規模法人部門(ホワイト500)の一社として認定を受けました。
PDF詳しくはこちら
2 ■ノー残業デーの実施
ファンケルでは、従業員の仕事のオン・オフを重要視し、毎週月・水・金曜日を「ノー残業デー」としています。
定時後の時間は、家族や友人と過ごし、資格取得に時間を充てるなどの取り組みを推進しています。また、さまざまな休暇制度を設け、働きやすい環境を整えています。
環境 1 ■新入社員に環境研修を実施
・日時:2016年5月20日 ・場所:道志の森(山梨県)
・対象:2016年度入社の新入社員25名
・内容:生物多様性の講座及び道志村水源林で間伐や植樹などの体験作業
・目的:地元横浜の水源地である道志村の体験を通し、環境保全の大切さを知り、環境に配慮した商品づくりに活かす。
・講師:横浜市水道局 浄水部水源林管理所 所長 温井 浩徳氏
詳しくはこちら
2 ■エシカル消費セミナー実施
・日時:@2016年9月13日(火) A2016年11月28日(月)
・場所:@ファンケル総合研究所  Aファンケル本社9階会議室
・対象:@研究員 A経営層
・講師:(株)大和総研 調査部 主席研究員 河口真理子氏
・内容:今後もお客様の信頼を得て、長期的に安定した原材料の調達をするために、早急に取り組まなくてはならない環境に配慮した原料調達を中心に、ブランドイメージの構築など、ご指導いただいた。
詳しくはこちら
ファンケルの生物多様性に取り組む活動は、こちらをご覧ください。
ファンケルの環境活動は、こちらをご覧ください。
3 ■「株主総会」
・日時:2016年6月25日(土)
・場所:横浜アリーナ
・内容:株主総会内で使用する全電力を山梨県道志村からのCO2吸収認証でカーボンオフセットします。
来場者数:5,010名(うち株主様4,619名)
電気使用量:49,740kwh(6/17、18、19の3日間)
排出CO2t:24.87t
4 <環境啓発>
■「家庭でエコプログラム」の実施
主旨:CO2削減においては、家庭こそがいちばんCO2削減すべきと着目し、従業員とその家族を巻き込んだ施策
施策:半年に1度、総務省発表の家族人数別数値を下回れば達成とし、従業員ひとりにつき¥4,000の褒賞金を贈り、家族には、ひとり増えるごとに¥2,000の褒賞金を加算する。また、アイデア賞を達成者の中から5名選出し、各¥10,000を贈る。
2016年度達成者:581人(前年度比較57人増)
■ファンケルグループ達成者内訳
(株)ファンケル:225人
(株)ファンケルヘルスサイエンス:31人
(株)ファンケル化粧品:25人
(株)ファンケル美健:252人
(株)ファンケル発芽玄米:27人
(株)アテニア:17人
(株)ファンケル保険サービス:2名
(株)ニコスタービューテック:2名
詳しくはこちら
腐敗防止   <コーポレートガバナンス>
■従業員へコンプライアンス教育実施
【テーマ】
単なる法律知識の理解ではなく、企画・制作の業務フローの中で必要となる法律をケーススタディを通じて理解する。
【内容】
・業務において必要な法律知識と会社のルールを理解する。
・著作権法・商標法・下請法・個人情報保護・契約締結など業務フローの各場面で考慮が必要な法律を把握することで、潜在的なリスクの低減を図る。
実施日 参加人数 対象
9月30日(金) 13名 研究員
10月4日(月) 15名 第二新卒者
10月5日(火) 25名 アテニア店舗
スーパーバイザー
10月21日(金) 34名 中途入社社員
10月26日(水) 27名 中途入社社員
詳しくはこちら
コンプライアスに関する情報は、こちらをご覧ください。

グローバル・コンパクト本部に提出したファンケルのCommunication on Progress2016(年次報告書)は、
PDFこちらをご覧ください。

グローバル・コンパクトHPはこちら