人権に関する教育

ファンケルではどんな立場におかれても、人としての相手の立場を考え、お互いに尊敬しあうことを研修等を通し支援しています。

「国連グローバル・コンパクト」年次報告書の提出と、新入社員「人権」研修の実施

ワークショップの成果発表を行う新入社員

ファンケルは、2013年4月「国連グローバル・コンパクト」に署名し、「人権」「労働基準」「環境」「腐敗防止」の4分野の10原則を受諾・支持して、経営していくことを宣言しました。
そして2016年度の活動を、「年次報告書」として、国連グローバル・コンパクトに提出しました。

「国連グローバル・コンパクト」本部に提出した「株式会社 ファンケル Communication on Progressb 2016年度版」は、こちらをご覧ください。

2017年度も新入社員の「人権」研修では、今年も「一般社団法人 グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン」のご協力で、講師に事務局長・大田圭介氏をお迎えし、実施しました。
はじめに国連グローバル・コンパクトの概要や意義、最新の活動などをご紹介いただき、今年度、国連が積極的な活動として推奨するSDGs*についての具体的な内容や事例などをお話しいただきました。

後半はCSR推進室の従業員より、「ファンケルがお客様からの信頼を得るために取り組むべき人権問題とは?」をテーマにワークショップを行いました。新入社員40名を5名ずつの8グループに分け、販売、物流、生産、企画、店舗など各サプライチェーンの視点からディスカッションを行い、グループごとに発表しました。はじめは、テーマに戸惑う表情も見受けられた新入社員でしたが、「人権問題を自分の立場や、お客様の立場になることで、発想が変わり、身近に考えることができた。」などの声が上がりました。
ファンケルは、国連グローバル・コンパクト署名企業として、CSR調達をはじめとするSDGsへの理解を社内に広げ、世界のための不の解消を常に考え、前進してまいります。

*SDGs・・・SDGs(Sustainability Development Goals)「持続可能な開発目標」の意味