2016年9月30日

「東日本大震災」の支援に関するお知らせ

このたびの「東日本大震災」により被災された皆様に、一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。
ファンケルグループの義援金、支援物資について、最新情報を下記の通りお知らせいたします。

1.義援金、寄付金について

 

拠出内容

金額

寄付先

振込日

1

義援金

50,000,000円

日本赤十字社

2011年
3月17日

2

グループ従業員による寄付「もっと何かできるはず基金」

1,000,000円

日本赤十字社

2011年
3月17日

1,000,000円

公益社団法人
日本フィランソロピー協会(※1)

2011年
4月28日

1,000,000円

公益社団法人
日本フィランソロピー協会(※1)

2013年
5月20日

1,000,000円

公益社団法人
日本フィランソロピー協会(※1)

2014年
5月20日

500,000円

公益社団法人
日本フィランソロピー協会(※1)

2015年
5月20日

500,000円

公益社団法人
日本フィランソロピー協会(※1)

2016年
5月20日

3

募金

グループ従業員募金

3,858,618円

日本赤十字社

2011年
3月31日

ファンケル直営店舗従業員募金
(全店舗182店)

763,330円

日本赤十字社

2011年
5月25日

ファンケル直営店舗の
お客様からの募金
(対象店舗)
2011年5月:11店舗
2011年11月:9店舗
2012年3月:8店舗

249,908円

日本赤十字社

2011年
5月25日
8月22日
11月21日
2012年
3月20日

グループ従業員661名

1,142,500円

一般財団法人瓦礫を活かす森の長城プロジェクト

2012年
10月31日

4

お客様
ファンケルグループポイント寄付(※2)

2010年度

4,596,838円

公益社団法人
日本フィランソロピー協会(※1)

2011年
4月28日

2011年度

16,493,565円

日本赤十字社

2011年
8月22日
2012年
4月9日
6月20日

公益社団法人
日本フィランソロピー協会(※1)

2011年
8月22日
2012年
5月21日

2012年度

4,301,784円

日本赤十字社

2013年
6月20日

公益社団法人
日本フィランソロピー協会(※1)

2013年
5月20日

2013年度

2,979,092円

公益社団法人
日本フィランソロピー協会(※3)

2014年
5月20日

2014年度

1,297,003円

公益社団法人
日本フィランソロピー協会(※3)

2015年
5月20日

2015年度

2,039,111円

公益社団法人
日本フィランソロピー協会(※3)

2016年
5月20日

5

ファンケルクラシック
基金

シニアゴルフトーナメント
「第11回ファンケルクラシック」での
(1)ギャラリーの皆様からの募金
(2)ドリンクコーナーでの募金
(3)プロ愛用品のオークションの売上金 など

3,969,881円

岩手県災害義援金募集委員会
宮城県災害対策本部
福島県災害対策本部

2011年
10月7日

6

(株)ファンケル
2012年から10年間
毎年100万円ずつ寄付

2012年度

1,000,000円

一般財団法人瓦礫を活かす森の長城プロジェクト(※4)

2012年
10月31日

2013年度

1,000,000円

一般財団法人瓦礫を活かす森の長城プロジェクト

2013年
9月20日

2014年度

1,000,000円

一般財団法人瓦礫を活かす森の長城プロジェクト

2014年
9月20日

2015年度

1,000,000円

一般財団法人瓦礫を活かす森の長城プロジェクト

2015年
9月24日

2016年度

1,000,000円

公益財団法人鎮守の森のプロジェクト (※5)

2016年
9月20日

2.支援物資について(2011年お届け分)

  届け先   到着 製品 点数
1 宮城県 1 3月18日 野菜でつくったスープカレー、発芽米おかゆ、
サプリメント(ビタミン類)、女性用肌着など
約25,000
2 3月24日
2 宮城県気仙沼市 1 3月30日 女性用肌着、男性用衣料ほか 約19,000
3 福島県 1 3月18日 野菜でつくったスープカレー、発芽米おかゆ、
サプリメント(ビタミン類)、女性用肌着など
約14,000
2 4月1日
4 茨城県 1 3月22日 野菜でつくったスープカレー、発芽米おかゆ、
サプリメント(ビタミン類)など
約6,000
5 さいたまスーパー
アリーナ
1 3月25日 無添加スキンケア おためしセット
※従業員が現地でスキンケアの説明を実施
40
6 (社)日本栄養士会
日本栄養士会のご協力をいただき、被災地で栄養が不足している方に、必要とされるサプリメントをお届けしております。
1 4月19日 サプリメント(ビタミン類)
(日本栄養士会の本部より石巻・気仙沼・女川の避難所に配布)
1,000
2 4月26日 サプリメント(ビタミン類)、発芽米スティック、青汁粉末
(岩手県栄養士会にお届け)
930
3 5月6日 発芽米おかゆ
(宮城県気仙沼保健福祉事務所にお届け)
100
4 5月18日 青汁粉末
(岩手県栄養士会にお届け)
300
5 5月20日 青汁粉末
(福島県県中保健福祉事務所にお届け)
47
6 6月21日 サプリメント(ビタミン類・ミネラル類)*
(岩手県栄養士会にお届け)
550
7 岩手県
大船渡保健所
1 4月20日 サプリメント(ビタミン類) 300
8 横浜市中区
吉田町名店街会
1 4月23日 満点野菜
(吉田町名店街会より石巻市の避難所に配布)
300
9 ビッグパレット福島 1 4月23日 サプリメント(ビタミン類・ミネラル類)
(国生さゆりさん個人事務所より依頼があり、避難所にお届け)
400
10 福島県二本松市
浪江町役場
1 5月6日 無添加スキンケア おためしセット 70
11 SAVE IWATE 1 5月24日 女性用肌着 155
12 福島県双葉町役場
埼玉支所
1 8月13日 ホワイトアドバンス ドリンクEX
(双葉夏祭り盆踊り大会 in 騎西にて配布)
600

※支援物資は、グループ会社の(株)アテニア、(株)いいもの王国の製品も含まれております。

* (株)アテニアが企画した対象のサプリメントの販売20個毎に、1個を被災地へ寄贈するキャンペーン。
期間中の対象商品販売個数が10,887個だったため、550個のサプリメントを寄贈いたしました。

上記の支援に加え、本社のある神奈川県内、横浜市内に避難されている方々へ、神奈川県社会福祉協議会・横浜市役所を通じて、タオル・化粧品・健康食品などの物資の提供を行っております。

3.中長期支援について

ファンケルグループでは、「美」と「健康」の商品と、独自の技術で、被災地の方々の心と体を応援する「美と健康のSave the 東北 プロジェクト」を始めました。

従業員が支援活動に積極的に参加できる「社会貢献休暇制度」を充実させると共に、被災地の方々のニーズに対し、きめ細かく対応したメニューを、中長期の視点で実施してまいります。

活動実績はこちら

4.節電について

ファンケルグループでは従来から、事業所内などの照明の間引き、ノー残業デイの推進、冷暖房の温度調整による節電に努めており、震災直後からは、加えて屋外広告・看板照明を消灯しております。
さらに、7月1日から9月22日の使用最大電力15%以上削減の目標に対して、以下の対策を導入し、節電に努めた結果 使用最大電力の前年比 23%削減となり、目標を達成しました。

●ファンケルグループが取り組んだ節電対策(例)

  • LED照明の導入
  • 窓へ貼り付けることにより、冷房効率を高める遮熱フイルムの導入
  • 室温が28℃になるように空調機器を設定
  • ノー残業デイを週2日(水・金)から週3日(月・水・金)に増加
  • PCなど省エネモード設定
  • 窓のブラインド活用
  • 室温が28℃になるように空調機器を設定
  • 便座ヒーターの停止
  • 一部工場で、自家発電装置を設置
  • 一部製品の製造を移管できる体制の構築

今後も従来から取り組んできた省エネルギー対策に加え、一部節電対策を継続し、電力不足対策や地球温暖化防止に取り組んでまいります。

以上

Close