労働慣行

労働における安全衛生

労働安全衛生法に基づき、ファンケルでは毎月安全衛生委員会を実施しております。安全衛生委員会では、従業員にとって働きやすい職場環境を、従業員自身も参加して作り上げるために、安全衛生委員を中心に様々な議論を行っています。具体的には、職場の安全に関する内容(危険個所の確認及び改善)や職場の衛生に関する内容(インフルエンザなど季節性感染症の情報共有及び注意喚起)などを様々な外的環境変化に応じて議論し、必要に応じて、安全衛生委員から従業員に周知を行っています。
今後も、様々な外的環境変化に応じた議論を、安全衛生委員会において、実施していきます。

安全衛生委員会の指導で改善した例

シュレッダーに掲示している、「挟まり注意」の告知