労働慣行

公正な評価(上司と部下のコミュニケーション)

上司から部下へのフィードバック

従業員は人事評価規程に基づき、公正な評価を受けることが出来ます。評価は、公開性・合理性・明瞭姓・継続性の原則に基づき行われ、長所を伸ばし課題を克服するためのアドバイスを通じて従業員の育成を図っています。
評価者は、評価者訓練を受講し、評価基準の統一化とルールの明確化を図ります。
また、短時間勤務や在宅勤務でも十分に能力を発揮し、成果を出せるようキャリアアップの支援を行っています。その成果が上司の評価にも反映されています。
評価に関する上司から部下へのフィードバックについては、必ず実施するよう共有ドライブで管理しています。