青汁の製造管理

ファンケル青汁の栄養価の高さと、飲みやすさのヒミツは、製造工程での温度管理にもあります。
ケールの栄養価、鮮度そして安全性を保つためファンケルでは、低温輸送、水洗浄、そして独自の製法での搾汁、乾燥と全ての工程において、厳しい温度管理を徹底しています。
安全で安心なものをお届けするのは、もはや私たちの大前提。そこからさらに、工夫やこだわりを経て、ようやくファンケル青汁と呼べる品質へと仕上がるのです。

製造工程の流れ

収穫

大きく育ったケールの葉の中から元気なものだけを選んで収穫します。葉を傷をつけないように、1枚1枚丁寧に手で摘みとります。

輸送

鮮度を保つため、低温で輸送されます。ケールの栄養成分は熱によって損なわれてしまうため温度管理は非常に重要な要素となります。

洗浄

運搬中に痛んでしまった葉が無いかチェックし、パワフルな水流と細かな気泡の力を使い水だけで丁寧に洗浄します。
洗浄機械や洗剤を使わないのも安心安全へのこだわりのひとつです。

包装

乾燥されたケールは粉末タイプの青汁として包装されます。

搾汁されたケールは冷凍タイプの青汁として包装されます。

出荷

栄養価・鮮度・味、そして安全性に十分配慮された青汁は、各工程での厳しい品質検査に合格した物だけが、商品として梱包され、お客様のお手元に届けられます。