発芽玄米の製造管理

ファンケルの「発芽米」は、安心・安全な商品をお届けするために、原料の生産、製造から出荷にいたるまで、徹底した姿勢のもとで作られています。皆様のお手元に届くまでの工程をご紹介いたします。

製造工程の流れ

収穫

ファンケルの発芽米は、国産の良質な玄米を使用。おいしさはもちろん、安心してお召し上がりいただけるよう、厳しい品質基準で選抜しています。

栽培・収穫の様子を詳しくみる

受入検査

玄米は、まず、発芽に適しているか厳しくチェックされ、良質の粒だけが選ばれます。もちろん、微細な異物はシャットアウト。
受入検査をクリアした玄米は、その後さらに選別機によって高精度のチェックが行われ選びぬかれた玄米だけが次の工程へと進みます。

発芽

発芽米の品質を左右する、一番大切な工程。ファンケル独自の発芽技術により、ふっくらと割れにくく、おいしい発芽米となります。また、この時に栄養価もピークに高まるのです。

お米は生き物ですから、その時々で発芽状態が変わってきます。コンピューターによる集中管理で常に最適な状態を作り出します。

品質検査

発芽によって、栄養価がしっかりアップしているかどうか、品質検査で確認します。また、工場内は常にクリーンな環境が保たれており、こうした品質検査を各工程ごとに実施するなど、徹底した衛生管理を行っています。

検査の工程を細やかに設けているのもファンケルならでは。日々厳しい目でチェックしています。

選別

発芽の段階で割れたお米や異物を、再び選別機を使って取り除いていきます。一粒一粒、何段階もの検査や選別を重ね、厳重な基準をクリアした発芽米のみが包装工程に回されます。

包装

袋に詰める作業は衛生度を高めたクリーンルームで行われます。段ボール箱に梱包する際にも、賞味期限の印字やシールがきちんとなされているかまで、検査員が目を光らせています。

お客様に安心・安全な発芽米をお届けするため、一つ一つ入念に検品します。

出荷

最後の最後まで安心・安全に気を配って作られた発芽米は、こうしてお手元に届けられます。

お客様の安全・安心のために トレーザビリティシステム

お手元の発芽米の商品パッケージに記載されているロット番号を入力すると「産地・生産履歴」などの情報を確認することができます。

詳しくはこちら