表彰の実績

社会貢献

■2020年

文部科学省 令和元年度 『青少年の体験活動推進企業表彰』大企業部門 審査委員会優秀賞を受賞(2020年3月10日)

ファンケルが実施する、特別支援学校の生徒向けの「身だしなみセミナー」がこの度、令和元年度「青少年の体験活動推進企業表彰」大企業部門 審査委員会優秀賞を受賞しました。
同表彰は、「社会貢献活動の一環として、青少年の体験活動に関する優れた実践を行っている企業を全国に広く紹介することにより、青少年の体験活動の機会を推進すること」を目的に2013年度より実施されています。

ファンケルが実施する「身だしなみセミナー」は従業員が講師として参加することが特徴で、2018年度は168人の従業員が講師として参加し、訪問した特別支援学校は67校。身だしなみセミナーは70回実施しました。また、昨年度からは、視覚に障がいがある従業員も講師として活躍しています。

ファンケルでは、これからも全国の特別支援学校で身だしなみセミナーを無料で実施し、一人でも多くの生徒の皆さんに自信をもって社会に出るお手伝いをしてまいります。

ネクタイの締め方を説明する、視覚に障がいのある従業員

ファンケルセミナーの詳細はこちら

文部科学省 令和元年度 『青少年の体験活動推進企業表彰』についてはこちら

「第22回神奈川イメージアップ大賞」を受賞(2020年1月16日)

「神奈川21世紀の会」(毎日新聞社主催)の「第22回神奈川イメージアップ大賞」の表彰式が、横浜グランドインターコンチネンタルホテルで開催されました。事業、ボランティア活用によって地域のグランド力を高めた事が評価され、ファンケルは「大賞」を受賞しました。
ファンケルグループでは、これからもより多くのお客様の美しく健康で豊かな生活を支え地域の社会貢献活動にも寄り添ってまいります。

授賞式にて。右から2人目が相談役の宮島和美

■2019年

文部科学省 平成30年度「青少年の体験活動推進企業表彰」大企業部門 審査委員会奨励賞を受賞(2019年2月20日)

ファンケルが実施する、特別支援学校の生徒向けの「身だしなみセミナー」がこの度、平成30年度「青少年の体験活動推進企業表彰」大企業部門 審査委員会奨励賞を受賞しました。
同表彰は、「社会貢献活動の一環として、青少年の体験活動に関する優れた実践を行っている企業を全国に広く紹介することにより、青少年の体験活動の機会を推進すること」を目的に2013年度より実施されています。
ファンケルが実施する身だしなみセミナーは従業員が講師として参加することが特徴で、2017年度は203人の従業員が講師として参加し、訪問した特別支援学校は57校。身だしなみセミナーは65回実施しました。
ファンケルでは、これからも全国の特別支援学校で身だしなみセミナーを実施し、一人でも多くの生徒の皆さんに自信をもって社会に出るお手伝いをしてまいります。

授賞式写真

賞状

ファンケルセミナーの詳細はこちら

文部科学省 平成30年度「青少年の体験活動推進企業表彰」についてはこちら

■2018年

第10回神奈川県バリアフリー街づくり賞〜ソフト部門〜受賞(2018年2月6日)

神奈川県では、ハード・ソフト両面のバリアフリー・ユニバーサルデザインの普及啓発を図り、バリアフリーの街づくり推進に寄与するため、障がい者、高齢者をはじめ、誰もが利用しやすいように配慮された施設整備や、バリアフリーの街づくりに貢献する活動をしている団体や個人を表彰しています。
ファンケルは、「視覚障がい者向けサービスとメイクセミナー開催」で、触れることで商品の区別ができる独自シールの開発や視覚障がい者向けにメイクセミナーを開催するなど、視覚障がい者の社会参加への貢献が認められソフト部門を受賞しました。

ファンケル独自サービスのタッチマークシール

ファンケルメイクセミナーは神奈川県の「健康支援プログラム」に認定されています

神奈川県記者発表資料はこちら

■2017年

第11回かながわ子ども・子育て支援奨励賞を受賞(2017年11月21日)

神奈川県では、事業者、子ども、子育て支援機関等民間による自主的な子ども・子育て支援活動の活性化や活動の認知・拡大を図るため、子ども・子育て支援活動のモデルとなる活動を表彰しています。
ファンケルは、子ども・子育て支援活動のモデルとなる実践的な活動が認められ、「かながわ子ども・子育て支援奨励賞」を受賞しました。

神奈川県報道発表資料はこちら

■2016年

「横浜型地域貢献企業」最上位に認定(2016年10月24日)

「公益財団法人 横浜企業経営支援財団」が、地域を意識した経営を行い、本業及びその他の活動を通じて、「環境保全活動」「地域ボランティア活動」等の社会的事業に取り組み、一定の基準を満たした企業を「横浜型地域貢献企業」に認定しており、ファンケルが2016年10月24日に「最上位認定」を受けました。
「横浜型地域貢献企業」は、
1.地域や社会を意識し、
2.地域貢献の視点を持って社会的事業に取り組み、
3.地域と共に成功・発展を目指す
企業と定義されています。

「横浜型地域貢献企業」の詳細はこちら

■2015年

第12回企業フィランソロピー大賞「ソーシャル・インクルージョン賞」を受賞(2015年2月17日)

株式会社ファンケルは、2008年より行っております「お客様のポイント寄付」の窓口団体の「公益社団法人 日本フィランソロピー協会」より、 〜CSRのベストプラクティスとしての社会貢献〜 第12回 企業フィランソロピー大賞の「ソーシャル・インクルージョン賞」を受賞しました。
これは1987年にファンケルの創業者・池森賢二の意思によって始まった障がい者支援活動が、お客様、株主様、従業員などに広まり、社会と歩む企業として発展したことを評価されたものです。

詳細はこちら