お客様のお声を活かして

お客様のお声はファンケルが成長していくための原点であり、重要な経営要素として様々な取り組みを行っています。
お客様からいただいたお声は、イントラネットを通じて社内で情報共有をしています。
また、CS委員会にて、商品やサービスについて話し合いを行っています。
※電話応対に限らず、ご来店のお客様・インターネット・お手紙・FAXも同様です。

無添加の白髪染めを定番商品として新発売しました。

「安心して手軽に染められる白髪染めを開発してほしい。」
無添加の白髪染めの発売を希望されるお客様のお声をうけて、難しい研究開発を乗り越え、2018年1月に「ヘアカラー&ボリュームトリートメントセット」を数量限定発売しました。
使用されたお客様からは、「肌に優しくて安心です。」「きれいに染まるので満足です。」など嬉しいお声をいただき、定番化のご希望が数多く寄せられました。
このお客様のお声にお応えし、2018年6月号より定番販売することになりました。

「楽のび」が飲みやすくなりました。

中高年のお客様から多くの支持をいただいている「楽のび」。
一方、1日の目安量は4粒〜6粒とやや多めでした。
「摂る粒数を少なくして欲しい。」「飲み込みにくいので飲みやすくして欲しい。」
飲みにくさの改善を希望されるお客様のお声を実現するため、新しい処方の開発に挑みました。その結果、以前のハードカプセルを錠剤に変更し、1日の目安量もわずか2粒に変更することを実現しました。

健康・得楽便のご案内メール配信をはじめました

「通常のネット注文のように出荷お知らせメールを送って欲しい。」
「オンラインで変更や確認が出来るようにして欲しい。」
「健康・得楽便を申し込んでいるが、次回の届け日を忘れてしまうので分かるようにして欲しい。」
次回のお届け日は、明細書のメッセージ欄でのご案内のみだったため、お客様には電話やメールでお問合せいただくお手間をお掛けしておりました。
そこで、メールアドレスをご登録いただいているお客様へ、商品お届け予定日の10日前にお届け準備お知らせメールと、商品出荷のお知らせメールを配信するサービスを開始いたしました。
また、ファンケルオンラインからも、ご登録内容の確認・変更が出来るようにシステムを改修いたしました。

2017年度株主総会から手話通訳を導入しました。

きっかけは、聴覚に障がいのある株主様からのお声でした。
「私は耳が聞こえないので、いつも母や妹に付き添いをお願いして株主総会に参加しています。今年は身内に付き添いをつけることが難しいので、手話通訳を舞台に付けてもらいたいです。聞こえない障がいは、見た目にはわからないので、こうしてわざわざ声を上げないと理解してもらえないことが多いのですが、ほかにも同じ思いをしている人がいるかもしれないので是非検討をお願いします。」
2017年6月17日に開催した第37期定時株主総会で、正面のステージ脇に手話通訳者を配置して、専用席をご用意するなど、耳に障がいのある株主様にも参加していただきやすいよう環境づくりをすすめました。