環境活動 (家庭)

家庭でエコプログラム

・目的
世界各国で「CO2排出量の削減」を取り組むにあたり、家庭でのCO2排出量が増加傾向にあることを受け、従業員の「家庭のCO2削減」を会社として支援し、社会に貢献する。
・ポイント
日本企業として初めて実施。2008年より継続。他社に水平展開あり。
家庭でエコプログラムへの取り組みは、2019年5月に受賞した、環境省「環境 人づくり企業大賞 優秀賞」の受賞理由の一つにもなりました。また、2019年11月には環境省主催「第7回グッドライフアワード実行委員会特別賞 環境社会イノベーション賞」を受賞しました。

環境省「環境 人づくり企業大賞 優秀賞」、「第7回グッドライフアワード実行委員会特別賞 環境社会イノベーション賞」受賞についてはこちら

年度

2008年度〜2010年度

2010年度〜2011年度

2012年度〜2016年度

2017年度〜

回数

第1弾〜第5弾

第6弾〜第8弾

第9弾〜第18弾

第19弾〜

名称

エコチャレンジ

エコチャレンジ

家庭でエコプログラム

同左

期間

(1)4〜9月(2)10〜3月

同左

同左

同左

基準

「電気」「ガス」の各使用量が前年より減

「電気」「ガス」「水道」の各使用量が前年より減

「電気」「ガス」「水道」の使用料金が、総務省家族人数別全国平均より減

「電気」「ガス」「水道」の使用料金が、総務省家族人数別全国平均より5%減

達成褒賞

各5,000円 削減率(1位)3万円(2位)2万円(3位)1万円 給与振込

各5,000円 削減率(1位)3万円(2位)2万円(3位)1万円 給与振込

・(本人4,000円)+(家族人数×2,000円)
・アイデア賞:1万円×5名

同左

促進

・イントラネットに「ECOサイト」立ち上げ
・社長による「表彰式」
・社内報で結果報告

・イントラネット「ECOサイト」で告知
・社長による「表彰式」
・社内報で結果報告・共同購入でエコ家電推進

・イントラネット「ECOサイト」で告知
・共同購入でエコ家電推進
・うちエコ診断
・社内報で報告
・各工場での啓発

同左

※イントラネットは社内など限定された範囲で情報共有等を行うコンピュータネットワークです。

※2019年度は現在集計中(上半期実績は327人の基準達成、△123.1トンのCO2削減)