環境活動 (風力発電)

横浜市風力発電事業への協賛

ファンケルグループは、自然エネルギーの利用促進や地球温暖化対策の一環として、横浜市が推進している風力発電事業に「Y(ヨコハマ)−グリーンパートナー」として、2007年より協賛しています。
事業を通じて発電された電力の一部は、(株)ファンケルスマイル作業エリアの照明や(株)ファンケル美健千葉工場の見学コースの電力として、使用しています。

Y(ヨコハマ)−グリーンパートナーについてはこちら

中国内モンゴル地区風力発電プロジェクト

PGA シニアツアー「ファンケル クラシック」・「ファンケルキッズベースボール」において、CO2削減のために、カーボン・オフセットを導入致しています。同大会の準備期間および開催期間中のエネルギーから排出されるCO2は、中国の内モンゴル自治区で実施されている国連認証の「内蒙古卓資40MW風力発電プロジェクト1327」風力発電にて(写真参照)削減されたCO2でまかなっています。クリーンなエネルギーで運営されている、CO2排出量ゼロの大会であるとみなされることになります。

「ファンケルクラシック」についてはこちら
「ファンケル キッズベースボール」についてはこちら