コンプライアンス基準

コンプライアンス活動の始まり

ファンケルグループのコンプライアンスの取り組みは、CSR活動の一環から始まりました。
社内横断的にCSR推進委員会を立ち上げ、2005年よりファンケルグループのコンプライアンス体制を確立し、コンプライアンス活動の取り組みを実施していきました。

コンプライアンス行動基準

ファンケルグループの経営理念の考え方を基に、「コンプライアンス基準」を定めています。
お客様・お取引先さま・会社・社会などの関わりの中で、従業員としてどのように行動すべきかの指針となる行動基準をわかりやすく解説した「コンプライアンス手帳」を全従業員に配布し、「コンプライアンス基準」の周知徹底をはかっています。

コンプライアンス教育

新入社員対象コンプライアンス研修

ファンケルグループでは、さまざまなコンプライアンス研修を通して、従業員のコンプライアンス意識を高めています。
2017年度は、不正競争防止法「営業秘密保護法」に関する研修を実施し、営業秘密のさらなる管理の強化を図り、情報の管理法について全社周知を行いました。
また昨年は、個人情報保護が改定され、役職者に対して、改正の趣向、ファンケルグループで対応すべき内容について、事例も踏まえ研修を行いました。
今後も、外部環境を踏まえ、実務に役に立つ研修を進めてまいります。

不正競争防止法「営業秘密の保護」についてはこちら
新任役職者向け「コンプライアンス研修」についてはこちら
中途入社社員向け「コンプライアンス研修」についてはこちら
社内「商標セミナー」についてはこちら
社内「契約書セミナー」についてはこちら

コンプライアンス手帳の活用

ファンケルグループの一員として守るべきルールを明らかにし、共通認識を持って行動するために「私のコンプライアンス行動基準手帳」を全従業員に配付しています。4コマ漫画とやさしい表記で、7分野・37テーマの考え方や行動をわかりやすく説明しています。新入社員・中途入社者の研修のテキストとしても活用されています。

コンプライアンス手帳の中身