知的財産

お取引先さまの財産

購買調達方針に基づき、お取引先さまの立場を尊重した取引活動を心がけるように努めています。

特許

研究所で生み出された発明を知的財産として確保するために、積極的な特許出願を行っています。
2020年度は、国内56件、外国12件の特許を出願し、国内41件、外国2件の特許が成立しました。

特許権の一例:

化粧品製剤技術
「ディープクリア洗顔パウダー」の泡立ちおよび
 泡質が良好で適度な保湿感を兼ね備えた処方技術
「ビューティブーケ」の糖化に着目した技術(キリン共同特許)
機能性食品製剤技術
「ディープチャージコラーゲン」の処方技術によるコラーゲン産生促進技術

商標

商標の出願・権利化・維持については、法務部にて、事業部門および関連会社と今後の商品展開や海外展開予定を適宜協議し、費用対効果を考慮し手続きを行っています。2021年9月時点ではファンケルグループとして54の国と地域において約2,500件の商標権を取得しています。またブランド保護の観点から、主にはアジア地域を対象として、模倣品対策にも取り組んでいます。

サステナビリティ