「もっと何かできるはず基金」2月の寄付報告

2021.03.15

  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 10.人や国の不平等をなくそう

「もっと何かできるはず基金」は、従業員による給与天引き型の寄付活動です。給与から本人の希望する金額を控除して、「ハンディキャップの方々との交流」・「地域貢献」活動をしている団体への寄付を行っています。従業員が「寄付先申請書」を提出し、従業員代表の運営委員が審査を行い、寄付団体を決定します。 2月12日の運営委員会で下記の3団体へ寄付が決定し、3月22日に寄付を行います。

 

団体名

事業内容

寄付金の使途

1

NPO法人るんと
港南地域活動ホームひの

在宅の障害児・者及びその家族等の地域生活を支援する拠点施設

サーモグラフィー、TV・DVDプレイヤー 、ローソファー など

2

公益社団法人 チャンス・フォー・チルドレン

経済的な困難を抱える子どもたちに、塾や習い事、体験活動等で利用できるスタディクーポンを提供

スタディクーポン費、事業費、法人運営費

従業員の寄付活動「もっと何かできるはず基金」は、これからも、世の中の「不」のつく事柄の解消として活動してまいります。