健康経営

ファンケルグループは、従業員がいきいきと笑顔で働けるよう、従業員の健康づくりに積極的に取り組んでいます。2017年8月に健康経営宣言を制定、2018年3月に健康支援室を設立しました。
こうした取り組みが評価され、6年連続で、「健康経営優良法人(大規模法人部門(ホワイト500))」の認定を、3期連続で「横浜健康経営認証クラスAAA」の認定を受けています。

ファンケルグループ「健康経営宣言」

<スローガン>
「私たちが美しく健やかであること それが何よりの証明です」

<健康理念>
美と健康のファンケルグループは「従業員の健康」がすべての基盤であるという認識のもと、
健康食品業界のパイオニアとして、健康第一の風土づくりと健全な経営を推進し、
新しい価値の創出と「不」の解消に挑み続けます。

<会社の健康指針>
1.予防医療と健康食品の知見を最大限活用し従業員を健康にします。
2.従業員がいきいきと働けるよう、明るく活力ある職場づくりに取り組みます。
3.従業員の心身の健康を第一と考え、一次予防(病気や不調の発生を防ぐ)に積極的に取り組みます。

<従業員に求める行動姿勢>
1.一人ひとりが健康食品を積極的に摂取し自らの健康づくりに取り組みます。
2.一人ひとりが会社の広告塔として、美しく健やかであるように努めます。
3.一人ひとりが美と健康の専門家として、社内外の健康増進活動に積極的に参加します。

CEOメッセージ

世の中の「不」の解消に挑み続けるファンケルグループでは、「従業員の健康」が基盤であるという認識のもと、健康経営の推進に積極的に取り組んでいます。
世の中はどんどん変化し進化しています。ファンケルらしくずっと愛される会社でありたいと願います。そのために、もっと広く、もっと早く、もっと先へチャレンジしていきます。
今後も、従業員一人ひとりが、美しく健やかであるために自らの健康づくりに努め、会社も従業員と共に、いきいきと笑顔で働ける職場づくりを積極的に行っていきます。

2022年8月
株式会社ファンケル 代表取締役社長執行役員 CEO
島田和幸

健康経営推進体制

代表取締役社長を健康経営の責任者とし、経営的な視点からグループ全体の健康経営を推進しています。健康経営担当役員が結果の報告とそれに基づき策定された計画の承認を行っています。
健康経営の取り組みを加速させるため、健康支援室が健康経営推進事務局となり、人事、安全衛生委員会、従業員代表と連携しています。
健康支援室には正規雇用の保健師5名が所属し、内科・精神科の産業医とともに、職場や医療とも連携できる体制をとり、グループ各社、各工場、全国の店舗に勤務する従業員の健康を支援しています。また、健康管理システムを導入し、健康診断の結果やストレスチェックの結果を簡単に確認できるほか、産業医、保健師とメールのやり取りを通じて気軽に相談できる仕組みを構築しています。

VISION 2030を見据えた戦略マップを作成し、従業員のパフォーマンス向上を目標に、様々な健康施策を実施しています。

生活習慣病に関する取り組み

社会保険未加入者・アルバイトを含め、全従業員を対象に定期健康診断を実施しています。法定項目以外も、年代に応じた健診項目を拡充しています。疾病予防と早期発見に向けて、健康診断後は産業医・保健師による事後措置面談やメールのやり取りを通じて、生活習慣病の予防活動を行うほか、「健康に関する情報提供」等でセルフケア能力の向上をめざしています。
また、特定保健指導について、健康保険組合と密に連携をとり従業員との連絡調整を行うことで、実施、達成をサポートしています。2020年度は対象者の70.7%が参加し、継続支援達成率は91.9%でした。

ファンケル学べる健康レストラン

2017年8月より、食べることが「学び」の始まりとなる社員食堂「ファンケル学べる健康レストラン」をスタート。健康的で美味しく満足感のある「食」と健康づくりに必要な「学び」で、従業員の生活習慣予防に取り組んでいます。

「ファンケル学べる健康レストラン」「ファンケル健康メニュー」は、グローバルに未病作業をリードするトップランナーとして、神奈川県より「MEーBYOBRAND」に認定されています。

本社ビルに自転車通勤を導入

ファンケル本社ビルにて、自社ビル地下スペースの有効活用および従業員の健康や環境負荷を配慮し、本社ビル地下に駐輪スペースを設け、2020年4月から自転車通勤申請を許可制で受付けました。従業員に有効活用されています。

自転車通勤利用社員の感想
通勤時間は10分ほどで、とても快適です。
特に天気のいい日はとても気持ちよく通勤できます。
また、程よい運動にもなり、デスクに着くときには頭が働く準備ができています。満員電車に乗らなくて済む通勤は1日のストレスが格段に減り、健康面でも仕事面でもいいこと尽くしです。

メンタルヘルスに関する取り組み

ストレスチェックの集団分析を実施し、その結果をふまえて管理職向けに職場環境改善のセミナーを実施しています。2021年度集団分析の結果は、「総合健康リスク」が83(全国平均:100、スコアが低い方が良い)、「いきいき職場環境総合評価」が12.8(全国平均:11.5、スコアが高い方が良い)となり、全国平均と比べて良い結果となっています。
入社時、入社数年後、新たに管理職になった従業員等、各階層に合わせて、セルフケア、ラインケア、ハラスメント等のメンタルヘルスに関連する研修を実施しています。
社内の相談体制として、ラインを通じたケアと、産業医および保健師によるケアを実施しています。前述のとおり、健康管理システムを導入することによって、保健師へ気軽に相談してもらえるようになりました。

がんに関する取り組み

会社の健康診断の中で、年齢に合わせ、子宮頸がん検診・乳がん検診・大腸がん検診などを従業員が費用負担なく受けられるようにしており、がんの早期発見、早期治療へつなげています。
がんをはじめとした身体的な病気を抱える従業員が、本人の希望する時間や日数でフレキシブルに勤務できる、「アソシエイト正社員」を導入しており、正社員としての雇用を維持しながら、治療と仕事の両立を実現しています。また、休職前、休職中、復職後、どの段階でも産業医、保健師に相談ができるよう体制を整えています。
がん推進対策優良企業、がんアライアワード2021 ゴールドを取得しています。

女性の健康に関する取り組み

女性の健康について理解を深め、働きやすい環境をつくるため、女性ホルモンバランスなどを含めた女性の健康に関するセミナーを、役員・役職者からはじめており、部長以上は100%が受講しています。今後、全従業員へ展開していく予定です。また、乳がん触診モデルを利用した乳がん自己触診の啓蒙、子宮がんに関するセミナーを開催する等、全従業員へ向けた情報発信も行っています。従業員が正しい知識をもつことで、自身を労ること、周囲を思いやることの大切さを伝えています。

禁煙に関する取り組み

従業員の2021年度の喫煙率は7.0%と全国平均に比べて低い値となっています。産業医や保健師が卒煙指導をしたり、世界禁煙デーに合わせてたばこに関する情報提供をしたりと、喫煙者も非喫煙者も喫煙問題に関心を持つように取り組みを行っています。また、喫煙者の新卒採用の見合わせや、就業時間内の禁煙、本社ビル敷地内の完全禁煙化など制度面、環境面からも禁煙・受動喫煙防止に関する取り組みを行っています。

感染症に関する取り組み

体調不良者発生時のマニュアル整備、在宅勤務の活用、非接触型体温計やアルコール消毒剤の設置、感染症に関する情報提供などの対策をすることで、従業員が安心して働ける環境を整えています。2021年6月より新型コロナワクチン職域接種を実施しています。また、インフルエンザワクチン予防接種についても、会社からの費用補助、職場での接種を行っています。

有給休暇取得状況と時間外労働の状況

ESGデータ集に過去5か年度の推移を記載しております。

長時間労働面談

長時間労働による健康障害防止のために、法令に則り産業医の面談を行っています。
長時間労働防止に関する取組みを実施しており、面談対象者はほぼ発生しない状況が続いています。

KPI

項目 2021年度実績 2025年度目標 2030年度目標
健康診断 健康診断受診率

100%

100%

100%

生活習慣病対策 血圧リスク者の割合
(収縮期 140以上または拡張期90mmHg以上)

4.1%

3.8%

3.0%

血糖リスク者の割合
(HbA1c:6.0%以上)

2.5%

2.3%

2.0%

脂質リスク者の割合
(LH比:2.0以上)

12.3%

12.0%

11.0%

メンタルヘルス対策 ストレスチェック集団分析
総合リスク:120以上の部署の割合

3.9%

3.5%

3.0%

がん対策 乳がん検診受診率 (女性:35歳以上)
※会社の費用負担での受診率

78.6%

84.0%

85.0%

女性の健康対策 女性に関するセミナーの参加率

組織長以上:100%

役職者:100%

正社員:100%

禁煙対策 喫煙率

7.0%

6.0%

5.0%

感染症対策 集団感染発生数

集団感染0

集団感染0

集団感染0

有給休暇取得と時間外労働 月間平均残業時間

3.8時間

3.5時間

3.3時間

有給休暇平均取得率

81.4%

84.0%

90.0%

長時間労働面談 長時間労働面談件数

6件

0件

0件

サステナビリティ