FANCL

FANCL エコマーク

ファンケルが大切にしているのは、"人と地球へのやさしさ"。

ファンケルの製品や紙類は、素材選びから、お客様が使用し、捨てるまで、
いろいろなエコを取り入れています。
ファンケルが大切にしているのは、"人と地球へのやさしさ"。
これからも、環境に配慮した、高品質な製品づくりを続けていきます。

容器資源の削減

使いやすさとともに容器の省資源化を進めています。
2017年度は「マイルドクレンジングシャンプー」、「モイストボディウォッシュ」容器にファンケル初となる植物を原料とした植物由来プラスチックを採用し、形状変更により樹脂量を削減しました。

循環型の原料って・・・?

スクワランは「アイザメ」から搾取したものが一般的ですが、絶滅が懸念されています。
ファンケルは「オリーブ」や「サトウキビ」など植物由来のスクワランを採用しています。

製品使用後のリユース

使用後の製品の廃棄量を少なくするため、
容器を再利用できるつめかえ容器を拡充しています。

捨てやすい

箱にミシン線を入れて、簡単に開封でき、畳みやすい化粧箱の開発や通販の配送用段ボール箱も、開封しやすく畳みやすい箱を独自に開発しました。

FSC認証紙って・・・?

FSC®(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)は、木材を生産する森林の管理と、その森林から生産される木材、枝葉等の加工、流通のプロセスを認証する団体です。
ファンケルの紙類は、森林資源育成の目的から、
このFSC認証を取得した紙を使用しています。

FANCL エコマークの基準とは?

「CO2削減」が
できている
包材
  • 非木材紙、森林認証紙などを使用
  • 植物由来プラスチックの採用
  • 「箱裏説明書」を採用
  • 簡易包装
容器
  • 容器の軽量化(自社比較)
  • 詰替え容器
  • 植物由来プラスチックを採用
原料
  • 認証パーム油を採用
  • 認証水産物を採用
  • 持続可能(循環型)な原料を採用
  • 認証オーガニックコットン、オーガニックウール、レーヨンを採用
ツール類(紙)
  • 非木材紙、森林認証紙などを使用
「資源循環」を
行っている
  • 捨てやすい容器・包材
  • 廃棄対象の資源を活用
  • 原料のリサイクル
「生態系への配慮」ができている
  • 水や大気にマイナスの影響を与えない

上記の基準を一つ以上クリアしていること

TOPに戻る