HAPPYエコ

紙のムダを減らした「箱裏説明書」

「取説もったいない」が資源有効活用のきっかけに

ファンケルの化粧品の箱を開けた時に、中に入っているはずの取扱説明書が見当たらず、「おや?」と思ったことはありませんか。

化粧品に必ず付いてくる取扱説明書。実は、最初は目を通されても、ずっと同じ製品を使っていると、読まずに捨てられしまうことが少なくないようです。
ファンケルでは、大人気商品「マイルドクレンジングオイル」をはじめて発売した1997年、この「取説もったいない」に着目。製品の箱の内側に説明を印字した「箱裏説明書」を開発しました。これで別の紙に印刷するムダが省けますし、お客様にとってもゴミを減らせるメリットがあります。

今では、箱の内側に印刷できるすべての製品に採用されています。小さな工夫ですが、この積み重ねは、資源節約とゴミ削減に大いに役立っているのです。

マイルドクレンジングオイル