安定性の高い「発泡チュアブル技術」を開発

機能性食品研究所

POINT

  • 体内効率設計の一つの技術として口腔内で発泡、崩壊し、有効成分を放出する安定性の高い「発泡チュアブル技術」を開発しました。

サプリメントにおいて成分の量だけでなく、身体の中で効率的に働く溶け方や組み合わせで栄養を必要な場所に届ける「体内効率設計」に基づく製剤開発を行っております。この度、体内効率設計の一つの技術として口腔内で発泡、崩壊し、有効成分を放出する安定性の高い「発泡チュアブル技術」を開発しました。なお、本技術については特許を出願しております。

<研究背景・目的>

製剤中に配合したクエン酸と炭酸水素ナトリウムが水分と反応し、炭酸ガスを発泡して錠剤が崩壊する発泡技術はすでに確立されていました※図 1。しかし、保管中に空気中や製品中の微量な水分と反応して容器内で発泡し、放出される炭酸ガスにより容器が膨らんでしまう安定性の課題がありました。そこで、ファンケルでは、炭酸水素ナトリウムに油脂と高分子による二重のコーティングを施すことで、水分から守る顆粒を開発しました。

技術概要

炭酸水素ナトリウムを①水をはじく油脂、さらに②高分子で二重にコーティングすることで、水に触れたときに膜ができ、その膜により水分から炭酸水素ナトリウムを守ることができます。これにより、保管中は発泡せずに食べると口の中で発泡する技術を確立することができました※図 2

また、完全にコーティングしてしまうと、口に入れた際に発泡しなくなるため、微量の水分では発泡せず、口に入れて食べる時に発泡するようにコーティングの水への溶け具合を調整しています。適度な発泡により、心地良い食感で、かつ摂取しやすい製剤を開発しました。

<今後の課題>

今回開発した安定性を高めた発泡技術は、摂取時に口や喉で崩壊して有効成分を素早く放出することができるため、口腔内や喉で機能する成分を含む製品への応用が期待されます。また水なしで摂取することができ、味を付けることで美味しく摂ることができます。安全性、安定性も高いことから今後は多くの製品への応用を検討してまいります。