研究理念

総合研究所の役割

美と健康における
「“不”の解消」 を具現化する

ファンケルはこれまで、無添加化粧品の通信販売を皮切りに、健康食品の分野でも、機能性に優れたサプリメントや青汁、発芽米といった新たな商品を提案してきました。
その活動の根底に流れているのは、世の中の不満や不安、不便といった“不”を解消するという普遍的な企業理念であり、これがファンケルの研究開発型企業としての原動力です。
世の中の“不”を解消するためにはお客様にとって真に価値ある商品を創出し続けることが必要であると考えています。そのためには従来の常識を覆す発想や最先端の技術的アプローチが不可欠です。
そこで重要な役割を果たすのが総合研究所(1999年中央研究所として開設。2005年総合研究所に名称変更)です。総合研究所は、新素材・新商材の探索研究から、医科学的観点をも踏まえた基盤研究、お客様にとって必要とされる商品の開発までを担い、ファンケルの研究開発の中枢拠点として機能しています。

安心・安全へのこだわり

商品開発においては、“安心・安全”な化粧品、健康食品をお客様に提供するために、それぞれの安全性や品質に関する基準「FSS(Fancl Safety Standard)」、「FSQ(Fancl Standard of Quality)」を打ち出し、試験や検査を行っています。
化粧品では肌のチカラになる「無添加」にこだわり、肌ストレスとなる成分を徹底的に排除して肌に必要な成分を厳選しています。
健康食品では成分の機能性を高める一方で安全であるべきという基本をしっかり守り、原料選定から情報提供まで安心品質としてお約束しています。
このように配合する原料や成分にまでこだわりを持って試験や検査を行い、開発段階に応じて厳しい安全性・品質基準を設定しています。

技術革新に基づくブランド価値向上

技術革新に基づいたブランド価値を高める為、『ファンケルにしかできない技術、ファンケルだからこそ出来る技術』を磨き上げ、『わかりやすい商品や情報』としてお客様に提供する事を総合研究所のスローガンとしています。研究開発は実のあるアウトプットを伴ってこそ意義があるという信念のもと、研究のための研究に終始することなく、常に“不”を解消できる商品を世に出し、事業として成功させることを目標に活動しています。そのために広い視野と柔軟な発想をもって個々の研究テーマに取り組むほか、国内外の大学やメーカー、各種研究機関などとも積極的に共同研究を行っています。 ファンケルは「世の中の“不”を解消する」という企業理念のもと、これからもお客様にとって真に価値ある商品を創出していきます。