CSR・環境・社会貢献

社長メッセージ

代表取締役 社長執行役員 宮島 和美

代表取締役 社長執行役員
COO
宮島 和美

ファンケルは、世の中の「不」のつく事柄の解消を目指し、常に実直な経営のもと、高い透明性をもって事業活動をしています。

CSR活動を、長年積極的に取り組んでいるファンケルは、2015年、2016年と2年連続、モーニングスターの社会的責任投資株価指数(MS−SRI)の150社に選定されています。

特に2015年度は、女性が活躍できる職場環境の整備及び、ワークライフバランスの外部へのムーブメントを積極的に行いました。
具体的には、神奈川県に本社を置く弊社が、黒岩神奈川県知事の下、代表取締役社長の私が、「かながわ女性の活躍応援団」の団員として、外部のシンポジウムに参加や、ワークライフバランスを実践している管理職の女性を、メディアに紹介する活動を行いました。

そして弊社が創業当初からの女性活動と成果が評価され、「平成27年度 女性が輝く先進企業内閣府特命担当大臣賞」を受賞しました。

2016年度は、資源循環(リサイクル)、CO2や廃棄物の削減等、環境への取り組みを強化すると共にまた国連があらたに提唱している17個の持続可能な開発目標(SDGs)を考慮し、取引先をまきこんだCSR調達の方針策定など、ファンケルができることを1つ1つ取り組んでまいります。

ファンケルレポート 2015 PDFダウンロード

ファンケルレポートでは、ファンケルグループの理念、事業活動、商品・サービスなどについてのご紹介と、事業活動におけるステークホルダーの皆様とのかかわりをご報告しています。


ファンケルレポート バックナンバー

ファンケルレポートのバックナンバーはこちらからご覧いただけます。

第三者意見

このレポートにおける情報の質や内容に対して、どのような評価や要望があるのか、第三者の方にご意見をいただきました。 詳しくはこちら

河口 真理子

株式会社大和総研
調査本部 主席研究員