研究所紹介

化粧品研究所

化粧品研究所では主に化粧品、薬用化粧品の製品開発を行っています。製品と一言で言いましても様々な要素があります。中身の感触や機能はもちろんのこと、美容成分や容器、さらには新しい材料や評価方法などの研究開発も行っています。これらが一体となって初めてお客様にご満足いただける製品になると考えています。代表的な製品である「マイルドクレンジングオイル」をはじめ、研究員は日々、安心・安全でありながら、より機能性や使用性に優れた製品を目指して開発を行っています。これからも、お客様の意見に常に耳を傾けながら、お客様がまだ気づいていない「不」の解消までをも目指して、世の中にない革新的な製品を開発していきます。

所長 粂井 貴行

ビューティサイエンス研究センター

「無添加」からはじまったファンケルならではの視点で、内外からのストレスにより引き起こされる肌の老化メカニズムの研究などを進めています。また、角層のタンパク質から肌特徴を解析する「角層バイオマーカー技術」などの独自シーズを元に、お客様にベネフィットのある皮膚科学研究により、イノベーティブな製品開発をめざしています。さらにファンケル銀座スクエアに設置した「未来肌研究室」では、研究員がお客様の角層バイオマーカーの解析を行うだけでなく、研究成果を元にお客様にご案内するファンケルならではのフロア運営もおこなっております。今後も、皮膚科専門医の先生方との研究コラボレーションや新しい技術開発など多面展開を通じ、化粧品の新たな可能性に挑戦し続けます。

センター長 松熊 祥子

機能性食品研究所

サプリメント、青汁、発芽米などの健康食品や、安全性と機能性が要求される機能性表示食品などの開発を行っております。臨床試験を主眼に置いた開発を推進し、機能性をしっかりと確認しながらお客様の健康維持増進に役立つ商品づくりを目指しています。さらに、機能性を高めるために、機能性成分が体内でしっかりと働くように、吸収などをコントロールするための製剤技術の開発を行い「体内効率」にこだわった商品を開発しています。また、摂取のしやすさにもこだわり、錠剤の大きさや形状、味など剤型や食品形態の開発も行っています。お客様の健康のために、安心、機能性を追求し、さらに、毎日続けやすい商品を開発しています。

所長 寺本 祐之

ヘルスサイエンス研究センター

ヘルスサイエンスにおける基礎研究部門として、新たな食品素材やその作用、お客様自らが健康リスクを知るための手段を研究します。企業の成長軌道を支えるイノベーティブな研究を推進し、お客様ベネフィットに繋がる新たな技術・情報・サービスを提供します。お客様に機能性食品の価値をご理解いただくために、わかりやすく、かつ明確な商品・成分に関するエビデンスを取得します。一方で、お客様が、自らの健康状態とリスクを知る手段としての検査技術を確立するとともに、その技術を活用し、健康増進のためのカウンセリングロジックを構築していきます。前述の取組を通じて、商品、情報、カウンセリングに基づく予防医療における新たなソリューションを提供します。更に、研究開発型企業として、社会に向けて研究成果を積極的に発信してまいります。

センター長 由井 慶

イノベーション研究センター

研究業務は、技術開発と商品開発に分かれており、五感と脳科学を使い人体における不の解消を目指す新たな評価系の研究や、ニューロマーケティングにつながる脳を介した評価系の研究。また、お客様の「こんな商品があったら良いのに」といった不の解消ニーズを叶えるイノベーティブな機能を持つ商品開発研究を行っています。様々なイノベーション研究で、お客様の先にある個々の日常生活に、前向きで明るくアクティブな活動と生活を提供できるような研究を目指しています。最終的には日本社会のQOLを向上させることを目的に、新たな評価指標となるような「ニューロマーケティング」の実現や次期新規事業につながるような新商材の実現を目指していきます。

センター長 阿部 能久

安全性品質研究センター

安全性品質研究センターでは、化粧品、健康食品に配合する原料や製品の安全性及び品質にかかわる評価、またこれら評価するための新たな技術の開発を行っています。さらに、微生物試験、分析試験、細胞試験等の技術を生かし、各研究所での研究のサポートも行っています。ファンケル独自の基準である化粧品の安全性基準(FSS)や健康食品の品質基準(FSQ)をベースに安心安全、高品質ブランドを守り、育てることをミッションとして、各開発研究所と連携し、安心安全で機能性の優れた製品開発をしていきます。

センター長 人見 高正

研究推進室

研究推進室は、総合研究所内の研究管理、情報管理、所内の各委員会の運営、経理・総務、設備維持管理機能など研究所内の研究環境を整え、効率的な研究を行うためのサポート役を担っています。また各研究所から創出される発明や研究成果を知的財産(特許)として守り、維持管理する役割も担っています。研究開発型企業として各研究所から創出される研究成果を、お客様をはじめとする多くの方々に理解いただくための情報発信も進めています。サポート部門として、お客様ベネフィット創出のための効率的・効果的な研究所の運営を目指します。そのため研究所内の経営資源の管理・調整、及び研究所で創出する研究成果の維持管理を通じて研究環境を整備します。

室長 宇田 正紀

ページトップへ