ファンケルの目指す姿

ファンケルグループは、創業以来、美と健康に関わる価値提供に取り組み、2030年には創業50周年を迎えます。
当社グループが新たな価値の創造を続け、持続的な成長を図るために、目指す姿として「VISION2030」を策定しました。

「VISION2030」
〜世界中を、もっと美しく、ずっと健やかに
そして世界中で愛される会社に〜

2030年のファンケルグループは、ベンチャーとして様々な事業領域に挑戦し、それぞれの事業が、日本にとどまらず広く世界で、より多くのお客様の美しく健康で豊かな生活を支え、信頼され愛される企業集団となることを目指します。

VISION 2030 2015~2017年度 第1期中期経営計画 「広告先行成長戦略」 持続的な 成長基盤の確立 2018~2020年度 第2期中期経営計画 「実行2020」 ~未来をつくる~ ①成長軌道で 収益力向上 ②海外事業成長の 基盤固め 2021~2030年度 第3期中期経営計画以降 海外事業の本格成長 2030年度 海外売上比率25%

第3期中期経営計画(前進2023)のポイント

化粧品事業

ファンケル化粧品は、無添加化粧品の「安心」、「安全」という絶対的な価値のもと、効果実感の高い新製品の発売と、肌本来の機能を高める無添加の価値を情報発信し、ブランドの多角化を推進します。
アテニアは、「一流ブランドの品質を、1/3価格で提供する」という理念のもと、国内ブランドからグローバルブランドへ進化を図ります。
ボウシャは、米国内での「ナショナルブランド化」と欧州・豪州・中国などでの「インターナショナルブランド化」を推進します。

サプリメント事業

「既存サプリメント事業の強化」、「パーソナル対応」、「食品剤型の展開によるトライアル機会の創出(BtoBビジネス)」の3つの柱のもと、少子高齢化社会とコロナにより生じた新たなニーズに対応し、高収益なビジネスモデルを目指します。

株主還元

連結配当性向40%程度

および

DOE(純資産配当率)5%程度

数値目標

2023年度(2024年3月期)

売上高1,200億円

営業利益150億円

ROIC11.0%

ROE12.5%

中期計画、今後の戦略についてもっと詳しく知りたい方は