IRポリシー

ディクスロージャーポリシーの作成・公表

1. 基本方針

当社は、「金融商品取引法及び東京証券取引所の定める適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」)に従って、情報公開を行っております。
また、適時開示規則に該当しない情報であっても、株主や投資家の皆様にとって必要であると思われる情報については、ポジティブまたはネガティブであるに関らず、積極的に公開いたします。
特定の機関または個人に対して、未公表の重要情報を選択的に開示することを避け、公平かつタイムリーな情報開示に努めます。

2. 情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報は、同取引所の提供するTDnetにおいて公開いたします。当社が開示する情報は、公平性を確保するため、TDnetに公開したものも含めて、当社のウェブサイトに公開いたします。ただし、PDFファイルその他ツールの準備のため、掲載時期が遅れる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

3. 将来見通しについて

当社が開示する情報の中には、「将来の見通しに関する記述」が含まれていることがありますが、これは一定の前提条件のもとに当社経営者の判断に基づいて作成された不確実なものであり、経済情勢や市場環境の変化等によって、実際の結果と大きく異なることがあります。従いまして、当社の業績、企業価値等を検討される際には、こうした「将来の見通しに関する記述」に全面的に依拠されることはお控え下さいますようお願い申し上げます。

4. IR自粛期間の設定

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までの間を「沈黙期間」として、IR活動を自粛させていただきます。
この期間中は、決算内容に関してコメントすることや質問にお答えすることは控えさせていただきます。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる可能性がでてきた場合には、適時開示規則に従って適宜公表することとしております。

アナリスト・機関投資家向けに定期的説明会を開催

四半期単位で決算説明会を実施し、代表取締役が説明しております。

IR資料のホームページ掲載

当社ウェブサイトに「株主・投資家向け情報」ページを設置し、有価証券報告書、四半期報告書、決算短信、決算説明会資料、株主様への報告書、ファンケルレポート、招集通知、決議通知、株主優待案内などを掲載しております。 また、決算説明会の動画を掲載しております。
IRに関する当社ウェブサイトURL:https://www.fancl.jp/ir/

IRに関する部署(担当者)の設置

(IR専任部署)社長室 IRグループ
(部署長)社長室長 松本 浩一
(適時開示担当部署)社長室 広報グループ

[適時開示に係る社内体制図]

適時開示に係る社内体制図

以上