CSR推進の取り組み

CSR推進の取り組み

ファンケルは、生産から販売までを全て自社で行う一貫体制のビジネスモデルを有しています。
研究、開発から、調達、生産、物流、販売・サービスのバリューチェーンにおける社会的課題の認識に努めています。
※原材料の調達から商品がお客さまの手元に届くまでの企業活動全体を、「価値創造の連鎖」と捉える考え方。

各バリューチェーンごとの課題の洗い出しにあたっては、ISO26000の中核主題フレームワークとGRIを活用し、それぞれの責任部署と、社長直轄組織であるCSR活動を推進する専門組織が連携しながら、具体的な活動を進めています。