環境教育

ファンケルは、環境を守ることの大切さを、従業員教育の中に取り入れています。
新入社員には、本社所在地である横浜市の水源地、山梨県道志村の森林保全研修を2010年から毎年続けています。*1また、2017年度には役員対象の環境セミナー、2018年度には従業員対象の環境啓発セミナーやSDGs勉強会など、全社を挙げて環境への取り組みを強化しています。これらの取り組みが、環境省「環境 人づくり企業大賞」2018年度、2019年度において、「優秀賞」の連続受賞にもつながりました。
本社所在地の横浜市を中心に、地域の大学で、ファンケルの環境活動をメインテーマに講義を依頼され、従業員を講師として派遣しています。
*1 2020年度の新入社員の森林保全研修は、新型コロナウィルス感染拡大防止への対応につき、開催を延期いたしました。