環境活動 (工場)

太陽光発電パネル

(株)ファンケル美健滋賀工場
太陽光発電システム

株)ファンケル美健群馬工場
太陽光発電システム

ファンケルは2011年2月より、ファンケルグループの化粧品製造拠点である(株)ファンケル美健滋賀工場(滋賀県蒲生郡)に、滋賀県では最大規模(導入当時)となる太陽光発電システムを導入しました。
2018年6月には、群馬工場(群馬県邑楽郡)にも設置しました。2019年度は、この2工場で年間530,936kWhの発電を行い、296.2tのCO2排出量を削減しました。

22分別

滋賀工場の外観と太陽光発電パネル

滋賀工場はグループを象徴する自然に囲まれた「環境配慮型工場」です。2011年に太陽光発電システムを導入。2018年度実績でCO2削減と共に、ゴミを22 分別することで、廃棄ゼロ(リサイクル)を可能にしています。太陽の光を使ってサンガード30(日焼け止め)などを生産しています。