環境

自然と調和した
事業活動のために

企業活動のあらゆる面で、自然の恵みに感謝し、自然環境の保全に貢献します。また、地球規模で重要性の高まる気候変動の課題へしっかり対処していきます。

SDGsの達成目標

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう

重点課題

  • エネルギー・CO2削減
  • プラスチック使用量の削減
  • 持続可能な調達
  • 資源循環(廃棄物対応)

定量目標

項目 目標

CO2排出量削減

2050年度までに実質ゼロ

プラスチックを使用した容器包材における4R※1対応

2030年度までに100%

(2021年12月末:43.0%)

ファンケル化粧品の植物由来・再生由来プラスチックの使用率

2030年度までに30%

紙を使用した容器包材における環境配慮紙※2の採用

2025年度までに100%

認証パーム油の採用

2023年度までに100%

  • 1 Reduce(容器樹脂の削減)・Reuse(容器の再利用)・Recycle(容器回収リサイクル)・Renewable(再生素材または植物素材への切り替え)
  • 2 認証紙、非木材紙、再生紙等
  • 「プラスチックを使用した容器包材における4R対応」「紙を使用した容器包材における環境配慮紙の採用」「認証パーム油の採用」は、㈱ファンケル、㈱アテニアが対象

環境に関する活動

サステナビリティ