コンプライアンスヘルプライン

コンプライアンスヘルプライン体制と実績

組織的・個人的な法令違反やファンケルグループコンプライアンス基準に違反する行為を早期に発見し、是正を図るために「コンプライアンスヘルプライン」を設置しています。
「コンプライアンスヘルプライン」の利用者は匿名による通報・相談ができ、内部窓口は法務部門責任者が、外部窓口は専任弁護士が担当しています。「コンプライアンスヘルプライン」に寄せられた通報は調査を実施し、コンプライアンス違反または違反のおそれがある場合は、必要に応じて是正措置を講じて再発防止に努めています。
また、記録の管理は厳重に行い、関係者のプライバシーや名誉を尊重し、ヘルプライン担当者以外の閲覧は不可とし、知り得た事実の秘密を厳守します。「コンプライアンスヘルプライン」の体制は腐敗防止、贈収賄防止などもカバーしています。通報内容および対応状況については、当社代表取締役社長執行役員を委員長とするグループリスク・コンプライアンス委員会から取締役会に半期に一度報告をしています。年に一度コンプライアンス体制の課題改善に向けたファンケルグループでのアクションプランを作成し、半期毎に進捗状況のモニタリングを行い、その実効性を高めます。
2021年度は、3件の通報が寄せられています。通報内容の内訳は、従業員同士のトラブルが3件です。なお、人権侵害の申し立てはありませんでした。
「コンプライアンスヘルプライン」は、消費者庁の「内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)」(※)に登録されました(2021年12月10日付)。今後も皆様から信頼される企業であり続けるために、内部通報制度のさらなる充実およびコンプライアンス経営の一層の強化に努めてまいります。

(※)「内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)」とは、事業者が自らの内部通報制度を評価して、「公益通報者保護法を踏まえた内部通報制度の整備・運用に関する民間事業者向けガイドライン」(平成28年12月9日消費者庁)に基づく内部通報制度認証基準に適合している場合、 事業者からの申請に基づき指定登録機関がその内容を確認した結果を登録するものです。
登録を受けた事業者は、WCMSマークの使用が許諾されます。

WCMS : Whistleblowing Compliance Management System

お取引先様からの通報窓口

「コンプライアンスヘルプライン」は、お取引先様との公平かつ公正な取引関係の構築と継続を目的として、ファンケルグループに関する業務に従事されたお取引先様からのコンプライアンスに関するご通報を受け付けております。

利用いただける方

通報日前1年以内にファンケルグループに関する業務に従事されていたお取引先様(通報される時点で退職されていても問題ありません)

通報いただける行為

ファンケルグループ各社や当社グループの役員・従業員による不正行為、法令違反行為、倫理違反行為およびそのおそれのある行為

窓口利用について

調査

ファンケルヘルプライン窓口では、通報を受けた後、調査チームを編成して調査を開始します。人数は最小限にとどめ、調査チーム員には守秘義務が課せられます。調査の結果不正行為などが明らかになった場合、ファンケルグループ各社は速やかに是正措置および再発防止措置を講じます。

プライバシーの保護

通報者のプライバシーは責任をもって守り、調査チーム員を除き、個人情報を開示・漏洩をいたしません。また、調査の目的以外での使用は一切しません。

不利益取扱い

通報を理由として、ご通報者およびご通報者の所属するお取引先様に対して不利益を課すことはありません。

通報方法

E-mailあるいは文書で利用可能です。
通報の際には、可能な限り、所属会社・ご氏名をご記載ください。匿名の通報も可能ですが、その場合、通報後の対応に支障をきたす可能性があることをご承知おきください。

通報が明らかに誹謗・中傷としか受け取れない通報や、脅迫などの違法行為を目的とした通報などは上記対応の対象外となります。

通報先
  • E-mail
    メールアドレス:fghelpline@fancl.co.jp
  • 文書
    〒231-8528
    神奈川県横浜市中区山下町89番地1
    株式会社ファンケル
    法務部門責任者 宛(親展)

サステナビリティ