サステナビリティ方針

ファンケルグループは1980年の創業以来、一貫して社会課題解決型企業として成長して参りました。創業理念として「正義感を持って世の中の『不』を解消しよう」を掲げ、その想いは、現在に至るまで徹底して引き継がれています。2018年には「ファンケルグループ サステナブル宣言~未来を希望に~」を策定し、持続可能な開発目標(SDGs)と足並みをそろえて、持続可能な社会の実現に貢献していく意志を表明しました。さらに、中期経営計画「前進2023」~逆境を超えて未来へ~に基づき、グループにとっての重点課題を再設定し、課題テーマに沿った具体的な取り組みを推進してまいります。

ファンケルグループ サステナブル宣言

ファンケルグループ 「サステナブル宣言」

未来希望

ファンケルは、
「正義感を持って世の中の『不』を解消しよう」という
創業理念に基づき、地球環境、社会課題など
「未来への不安」に立ち向かい、
ステークホルダーとともに「希望」をつくります。
現在と未来に生きる人々の笑顔のために、
持続可能な社会を目指します。

国連グローバル・コンパクトとSDGs

ファンケルは2013年4月、国連グローバル・コンパクトに署名し、参加企業に求められる10の原則を尊重して事業活動に取り組んでいます。また、2018年6月には、「サステナブル宣言~未来を希望に~」を策定し、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」とも足並みをそろえて、持続可能な社会の実現を目指して取り組んでいます。

サステナビリティに向けての重点取り組みテーマ

ファンケルグループでは、持続可能な社会の実現への貢献とグループの持続的な成長をめざして、重点テーマとして以下の3つの項目を設定しました。それぞれのテーマについて目標を設け、具体的なアクションにつなげていきます。

サステナブル宣言

未来希望

ファンケルグループでは、
以下の重点テーマを設定しています。

  • 環境
  • 健やかな
    暮らし
  • 地域社会と
    従業員

サステナビリティに向けた重点課題と目標

環境

企業活動のあらゆる面で自然環境の保全、気候変動への対処を念頭に、重要課題として「CO2排出量削減」「プラスチック使用量削減」「持続可能な調達」「資源循環(廃棄物対応)」を掲げ、定量目標を設定し、具体的なアクションへつなげていきます。

重点課題 目標

CO2排出量削減

2050年度までに実質ゼロ

4Rにもとづくサステナブルな容器包装

2030年度までに100%

ファンケル化粧品の植物由来・再生由来プラスチックの使用率

2030年度までに30%

認証パーム油の採用

2023年度までに100%

  • Reduce(容器樹脂の削減)・Reuse(つめかえ容器化)・Recycle(容器回収リサイクル)・Renewable(プラスチック以外の素材への代替)

健やかな暮らし

ファンケルグループVISION2030「世界中をもっと美しく、ずっと健やかに、そして世界中で愛される会社に」を目指し、重要課題として人々の「健康寿命の延伸」「基本的な栄養ニーズへの対応」「生活の質(QOL)の向上」を掲げ、独自性のある製品・サービスを通じた貢献を果たしていきます。

重点課題 目標

日本人が健康のためにサプリメント・健康食品で対処する割合

2030年度までに50%( 2人に1人 )

地域社会と従業員

ファンケルグループが創業以来培ってきた「人間大好き」の企業文化を大切に、重要課題として「ダイバーシティ&インクルージョンの推進」「地域社会への貢献」「美と健康の教育機会の創出」を掲げ、誰もがイキイキと輝ける社会づくりに貢献していきます。

重点課題 目標

女性管理職比率

2023年度までに50%

障がい者雇用率

2030年度までに5%