寄付・寄贈

ファンケルの想い「もっと何かできるはず」を事業だけでなく、社会活動にも活かしたい。そのような想いから、 「お客様のポイント寄付」と、従業員の寄付活動「もっと何かできるはず基金」を行っています。ファンケルグループは、今後も社会が抱えるさまざまな課題に対して「不の解消」を目指し、積極的に社会活動に取り組んでまいります。

取り組み報告

お客さまのポイント寄付

ファンケルメンバーズサービスでのお買い物で貯まるファンケルポイントを、500ポイント以上100ポイント単位で寄付することができます。ファンケルでは、社会貢献活動を継続的に支援することで、社会課題解決を目指しています。お預かりしたファンケルポイントは毎月集計し、1ポイント=1円に換算し寄付します。

ウクライナ人道危機救援
日本赤十字社への寄付

ウクライナでの人道危機対応及びウクライナからの避難民を受け入れる周辺国における救援活動を支援するため、日本赤十字社へ寄付いたします。

寄付を行う

「新型コロナウイルス」感染拡大に伴う
日本赤十字社への寄付

最前線で治療に従事されている医療機関等を支援するため、日本赤十字社へ寄付いたします。

寄付を行う

全国の障がい者支援団体への
寄付

日本フィランソロピー協会を通じて、全国の重度心身障がい者、視覚障がい者の支援団体へ寄付いたします。

寄付を行う

日本フィランソロピー協会は、企業や個人の社会貢献を推進し、NPO、行政、企業等の交流の橋渡しを行う公益社団法人です
日本フィランソロピー協会のホームページはこちら

寄付のご報告

2020年度は、延べ3,556名のお客様からいただいた5,577,585円を、「新型コロナウイルス」感染拡大防止に伴う医療機関への支援と、東日本大震災の震災遺児支援機関、全国の重度障がい者支援施設へ寄付いたしました。

日本赤十字社への寄付
日本フィランソロピー協会への寄付

従業員の寄付活動-もっと何かできるはず基金-

リップスティックのレフィル

ファンケルグループの従業員が、働きながら気軽に参加しやすい社会貢献を目的とし、2007年に従業員による寄付活動「もっと何かできるはず基金」を設立しました。
寄付先は、ファンケルグループのSDGsの重点テーマ「環境」・「健やかな暮らし」・「地域社会と従業員」と連動した活動を行っている団体の中から決めています。

単発寄付

基金に参加している従業員からの申請を受け、従業員で構成される「もっと何かできるはず基金」運営委員が妥当性を審査し、決定

継続寄付

年に1回の従業員投票による総選挙で決定。寄付先団体とは、1年間にわたり協働を実施。

■2021年度継続寄付団体
・環境・・・「NPO法人森づくりフォーラム」
・健やかな暮らし・・・「認定NPO法人全国子ども食堂支援センターむすびえ」
・地域社会と従業員・・・「認定NPO法人フローレンス」

寄付のご報告

2020年度は19件の寄付を実施、寄付総額は8,200,000円でした。

サステナビリティ